ここから本文です

便秘は手術で治るのでしょうか? 私は小学生のときからずっと便秘です。強い便...

ree********さん

2010/11/402:36:37

便秘は手術で治るのでしょうか?

私は小学生のときからずっと便秘です。強い便秘薬に頼りぱなしで便がでなくなり、今は自宅キットの腸内洗浄で排便しております。 いつかは結婚して子供が欲しいと思ってるのですが、妊娠中に腸内洗浄なんて出来ません。もういくら便秘薬を飲んでも一切出ません。
ジムで運動もしてるし野菜もバランスよく摂ってるし水分もよく取ります。私は2才の時からも便秘過ぎて母も困っていたそうです。手術して大腸?を短くなどして便秘を治すなんてことは不可能なのでしょうか?また、出来るとしたら保険などは使えるのでしょうか?
どなたか教えて下さい。お願い致します。

閲覧数:
4,908
回答数:
5
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

tak********さん

2010/11/412:52:24

残念ながら手術ではなおりません…。便秘に似た疾患で腸閉塞になれば手術することはあります(ほっとくと腸が腐って命に関わりますので)。
でもお腹の手術自体に便秘や腸閉塞の合併症があります。腸と腸が癒着してしまい、さらに動きが悪くなり最悪は再手術です…。
消化器専門の医師に相談されるといいと思います。

質問した人からのコメント

2010/11/11 03:25:08

降参 ありがとうございました

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yak********さん

2010/11/412:42:14

この方法がありますが、保険効きますかわかりません
http://jig127.mobile.ogk.yahoo.co.jp/fweb/1104Ouy243WtjhIX/0?_jig_=...

ラスカルさん

2010/11/406:47:43

治りませんし、医者も拒否するでしょう.
漢方薬の中には良い薬がいろいろあります.
漢方に強い医者に相談されてはいかがでしょうか.

kag********さん

編集あり2010/11/406:39:49

手術では治りません。まず、身体のお通じのメカニズムは、便秘薬とはなどどのようなものか知った上で対策を立てた方がよいでしょう。お通じは大脳ー胃腸管排便反射機能(条件反射:蠕動運動、便意を催す)と大腸の排便筋肉力(力んで腸筋肉収縮で排便:腹筋ではありません)で自力排便します。運動選手が条件反射と筋力を毎日訓練するのとおなじで毎日の排便でお通じトレーニングをして自力排便機能を回復する手段があります。便秘は大脳排便反射機能の鈍化や大腸筋肉の排便力の弱体化で病気ではありませんので、便秘を治療する、治す薬はありません。下剤や浣腸などは生体の排便反射をますます鈍化させますので使用は禁忌です。医師は便秘で腸内に発生する腐敗毒と下剤の副作用を比較し経験的に下剤の副作用の方が身体へのリスクが低い(!)と判断し下剤を処方しているのです。便秘を治療する為ではありません。ダイエット、ストレスなど便秘になった原因は人それぞれですが、あなたのように幼少から便秘体質で安易に下剤、浣腸、便秘茶などを長期に連用し、慢性便秘を長年放置すると大脳の排便反射機能が鈍化するばかりでなく大腸管筋肉が弛緩してだらんと長くなり下垂、くびれ、直腸瘤(ポケット)などができて食物カスがくびれやポケットなどに滞留したり或は腸内通過に時間がかかり体温で腐敗して腐敗ガスや腐敗毒を発生し腸内圧が高くなって腹痛やお腹の張り、イライラ、食欲不振、嘔吐感、お腹ポッコリなどが起きます。暫くするとガスが腸内拡散したり移動し腸内圧力は低下して一時的に腹痛や張りは消失します。また、腐敗毒やガスが腸管壁から吸収され血液に入り血液を汚してドロドロし血流が悪くなって冷え性、肩こり、頭痛、腰痛、解毒作用で肝機能が疲労低下して疲労倦怠感や新陳代謝の低下、貧血感、肌荒れや吹き出物、ときに微熱やむくみ、不眠などいろいろな症状がでてきます。便秘の解決方法として下剤の使用を一切止めてぬるま湯だけで食べたものを毎日スッキリ排便するお通じトレーニングをします。大腸管筋肉は腹筋とは違います。ゆるんだ大腸管筋肉は毎日排便するときの”力んで排便”を繰り返すことでしか鍛えることはできません。お通じトレーニング法として、自力排便回復法という絶対排便力(検索)を使います。やり方は簡単で、浣腸の要領でぬるま湯を噴射注水し固い便を軟らかくし腸管壁面を湿らせて滑りやすくし、同時に直腸が膨らんで便意が起きて(大脳排便反射訓練)力んで排便(腸筋肉排便力訓練)します。この噴射注水ー排泄の自力排便訓練を2〜3回繰り返し腸内の汚れを落としてきれいにします。この処置を当分の間は毎日、暫くして1〜3日毎、最後は自力排便のみで排泄です。使用するのは副作用も習慣性もない安全なお水だけです。妊娠中に下剤を用いるのは賢明ではありません。口から入れた薬剤は血液中に吸収され胎盤にいきますので胎児に影響がないとはいえませんし、妊婦を試験台にして下剤など胎児への安全性を確認した薬剤は存在しません。ぬるま湯法が一番安全で確実だと思います。大脳排便反射機能の低下や腸管筋肉が緩くなっているのでお通じトレーニングは数ヶ月以上を要しますが忍耐強く継続してください。水泳の北島選手でも1年以上かけて練習するのですから。食事療法として便の塊ができる栄養バランスのよいご飯や麺類中心の日本食1日2食腹八分目と適量のプレーンヨーグルトを食べて下さい。(ご飯や小麦麺類が食物カスが一番多い高食物繊維食低脂肪低カロリーです)。過剰な水分摂取は意味がありませんので自分の身体にあった適量の水分摂取で充分です。水洗で腸内細菌が流されると心配する人がいますが、お腹に腐敗物や腐敗菌を抱えているよりはずっと健康的です。きれいなお腹では善玉菌は自然増殖しますので心配はいりません。体質改善と排便機能回復には相当の時間がかかりますが必ず回復します。加齢で生体の排便機能が鈍化する前に気長に忍耐強く自力排便を回復しましょう。排便習慣を付ける為にできるだけ毎日同じ時間、例えば。朝食後登校・出勤前、夕食後就寝前などにしましょう。運動は血液や体液の流れを良くし大腸内に滞留している老廃物の移動を助ける為に上下動の入った運動(内蔵や胃腸管の筋肉鍛錬)を軽く汗をかく程度に1日15〜20分位はしましょう。例えば、縄跳びや軽いジョギング、早足歩きです。今できることから始めましょう。

gal********さん

2010/11/402:59:42

私も、幼少期から現在まで、便秘に悩まされています。手術するかどうかは、便秘の症状によって違うと思います。便秘が原因で腸閉塞を引き起こすのであれば、手術を必要とする可能性もありそうです。あとは、その便秘の原因が何処にあるかも変わって来るでしょう。腸そのものに原因があるのか、または、肛門周囲の筋肉の衰えによって押し切れないのか。あとは、腹筋が弱いと踏ん張り切れずに出せない事もあるようです。ですから、大学病院や専門の医療機関(消化器科または胃腸科)で便秘の原因を究明をしてから、今後の治療方法を決定した方が良さそうです。私の場合、最大で一ヶ月、便が出ない状態で病院へ行き摘便して貰いましたが、手術はしませんでした。

Yahoo!知恵袋 特別企画

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる