ここから本文です

この保険、どう思いますか。 ▼損保ジャパンひまわり生命 フェミニーヌ http:/...

may********さん

2010/11/513:07:46

この保険、どう思いますか。

▼損保ジャパンひまわり生命
フェミニーヌ
http://h.mjmk.jp/index.php? PHPSESSID=65bc62682e376616095a4b351586829f&hsh=7b0baed8fc8e5fde193e00cf13f507cdaa01c5a9&mmtba=ptaA00001&objID=1144

3年毎に15万円、気になります。
しかし保険についてよくわからなくて‥。

20歳女性既婚無職
1人目を11月に出産予定です。

閲覧数:
148,707
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cad********さん

2010/11/513:20:21

フェミニーヌについてはよく知恵袋でも相談があるのですが。
真剣に悩んでいる所、お気を悪くするかもしれませんがフェミニーヌはお勧めしにくいです。

理由は3点。
・ボーナス分は保険料に上乗せされて払っているのでお得感があるように思うだけでお得でも何でもないです。
・保障期間が15年しかないので、15年後に15年後の年齢の保険料で入りなおさないといけません。そして続けるには定年後も高い保険料を払い続けないといけません。
・途中で大きな病気などすると15年後には他社含め別の医療保険は入れなくなる可能性もあります。

よってボーナス付きは結局自分で払っているだけなのでシンプルな保障のものの方がよろしいかと思います。
3年ごとに15万円欲しいならひと月約4170円ずつ貯金すれば15万円貯まりますよ。利息もフェミニーヌより高いです。
ちなみに20歳女性だと3年ごとに15万円プラン(入院日額1万円)で月7917円、10.5万円(入院日額7000円)で5747円、7.5万円(入院日額5000円)で月4578円です。
同じような保障内容で終身保障60歳払いのプランでもフェミニーヌの約半分の保険料で済みます。

ちなみに11月に出産であるなら今は子宮卵巣系に不担保条件(対象外)1年が付くと思います。今は帝王切開など異常妊娠では医療保険から出ないことを理解しておいてください。もし条件付きにしたくないなら無事出産後に加入の方が良いですが、今回帝王切開になってしますと不担保期間が5年程度(ひまわり生命の医療保険だと35歳まで不担保)付いてしまうので、どちらがいいのかはぜひ検討してみてください。

参考までに

保険を検討されるに当たって、必要な保障は以下のように分類されると思います。
1)自分のための死亡保障(葬儀代など)
2)残された家族のための死亡保障
3)自分のための医療保障

今病気のときの費用が不安であるなら3)が最優先だと思います。次の順位は1)ですね。
2)は結婚してお子さんがいて自分に万が一の時お子さんをご主人の実家などで見てもらえないような場合は検討した方がよいかもしれない項目です。

参考までに

3)医療保険について
まず女性専用の医療保険は要らないのではないかと思います。通常の医療保険でも女性疾病は対応しています。
女性疾病でも特に治療費がかかるのは子宮がんや乳がん等がん系です。(通院治療も多いので入院保険だけでは賄えない)
ですから通常の医療保険+がん保険で備えるのが無駄が少なく安心できる内容になります。

また医療保険は60か65歳で支払済みをお勧めしています。定年から5年無給時代、そして年金暮らしの時に保険料で経済的圧迫になるのは大変ではないかと考えているからです。そして確実に老後は病気や怪我のリスクが高まります。
いろいろ医療保険あると思いますが私は入院日額5000円で良いのではないでしょうか?日額5000円で不安かもしれませんが、高額療養費制度もあって月8万円強<80,100+(医療費-267,000)×1%>越えると超えた分は返ってきます。

医療保険で言えばオリックス生命のキュア、損保ジャパンひまわり生命の健康のお守りなどが保障もしっかりして保険料も安いかと思います。


もう一つはがん保険です。どうしてもがん治療は現段階ではお金がかかってしまいます
ガン保障については通常の健保治療では高額療養費の上限からから日額5000円もあれば良いのですが、最近は放射線治療や抗がん剤治療など入院を伴わない治療や健保の適用外である先進医療など治療法もさまざまです。そのような治療を受ける場合入院保障だけでは対応できません。
そのような治療に対応するためにはガン診断給付金が出る保険で診断給付金で対応する必要があります。やはり最低でも診断給付金は100万円はあった方が安心だと思います

安さでいけば日本興亜生命のがん保険、保障充実で行けば東京海上日動あんしん生命、アフラック、オリックス生命、ひまわり生命のがん保険などになると思います。


女性の場合男性に比べて乳がん、子宮ガンなどのリスクが30代から高まります。最近は子宮ガン検診で子宮頚部異形成異常、ビラン、ポリープ、卵巣の腫れなど病気ではないけど異常発見でがん保険に加入できないケースが多いです。
女性の場合医療保険よりもがん保険のほうを先のご加入を勧めています。


私としてはがん保険は診断給付金が複数回出るもの+先進医療など保障のついた医療保険でカバーするのが良いのではないでしょうか?

詳しく設計するにはまず予算など基本方針を決めた上で総合保険代理店や来店型保険ショップ等複数保険会社取り扱っているところ2,3箇所で相談すると質問主さんにとって一番納得できるものが設計できるのではないでしょうか。

ご参考になれば幸いです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kat********さん

2010/11/517:33:52

3年ごとに給付金が15万円もらえるなんて聞こえは良いけど、実際は前の方が答えてる通り保険料が高く、給付金といえる部分は自ら支払ってるんです。
私も一瞬「フェミニーヌいいな~」と思って考えた事があったんですが、(フェミニーヌの月額保険料-他社のがん保険)×3年で計算したら、実際は給付金以上の差が出たんです。これなら自分で貯めた方がいいなって思ったし、また期間が限られているので、満期になったら保険料が上がってしまうし。
がん保険は掛け捨てで良いんで、安くて保障がしっかりしたものが良いですよ。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる