ここから本文です

ホームページ業者 自分の仕事でホムペを持ってます。外見はソフトを使いましたが...

sz_********さん

2010/11/1519:39:29

ホームページ業者
自分の仕事でホムペを持ってます。外見はソフトを使いましたがフォームcgiなどはフリースクリプトを使わせてもらい、業者に頼まず自分で作りました。 カッコいいホムペじゃないけど集客や問い合わせ、仕事依頼はそこそこあって自分では納得していますが、最近よく表記の業者がメールや電話をしてきます。
曰く弊社ならSEO対策を万全にやらせてもらうのでもっと集客が伸びますよといった内容がほとんど。確かにそれはわかっているけど今はあれこれ凝るつもりもないし、先でお客さんも増えてからと考えてます。それとタダじゃないからね。ほとんどがン十万という話です。ホムペだけにそんな予算の余裕はない。
ただ思いますが、一見して自作とわかるホムペの場合、どこでもそんな勧誘や営業のターゲットにされてるのか、やはりこの不景気で彼らも仕事がないのかなと。
自分でホムペを持っている他の人はどうなのか聞いてみたくなってきたので質問します。やはりうちと同じように業者が誘いかけてきますか?またそんな場合はどのように撃退してますか?なんせ連中はしゃべり出すと長くてこちらの話も聞こうとしないのが多くほとほと手を焼いてます。

閲覧数:
175
回答数:
5
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mom********さん

2010/11/1700:23:36

SEO業者さんは、ホームページに連絡先が書いてあるところには
片っぱしから連絡していると思います。

速攻で切ってしまうので大丈夫です。

実際に、電話をかけてくる方は、電話担当の方が多いので、
そういう対応にも慣れています。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

min********さん

2010/11/1617:26:08

SEO業者だと解った時点で、「あ、要りません」で切る。
営業電話なので、失礼にも当たりません(勝手にかけて来る方が失礼)。
「結構です」と言うと、「結構なお話なので聞きたいです」と脳内変換するのが連中ですから、ハッキリと「不要」であると伝えるべきですね。

SEO業者は、有効で正しい地道な対策をしている業者(電話営業などしない)もいる反面、即効性や安価を謳って本当に効果あるのか?って内容を押し付けている所もあります。
同業他社が乱立しているため、連中も必死な訳です。

必死なのは解るけれど、こちらが付き合う必要なんて皆無なわけですから、サクッと切る。
しつこい所は着信拒否またはNTTのサービス等で撃退するしかないかな。


ご自分で制作されたサイトで、ご自分が満足される結果が出ているならば、それはものすごく立派な事です。
堂々と自慢してもいいくらい(ちょっと大げさかもしれませんが)。
でも、立派な事には変わりないですよ。

電話営業には、大抵マニュアルがあるので、ああ言えばこう言う、という事が問答集になっています。
ですから、論理のすり替えをしたり、こちらの話を聞いていない回答をしたり、なんてのは当たり前ですからね。
【問答無用で切る】のがベターですよ。

van********さん

2010/11/1617:15:03

私もいくつかサイトを運営しておりますが、SEO業者からの勧誘電話がかかってくるのはヤフーカテゴリー登録済みの物販サイトだけです。

おそらく、Yカテゴリーに新規で登録された立ち上げ直後のサイトオーナーをターゲットに勧誘しているものと思われます。
※大手検索エンジンのカテゴリーサイトや物販サイトは特定商取引法の表示や運営者情報があるため営業がしやすい

おすすめの撃退方法として、SEO業者は必ず特定商取引法の表示を見ていますのでその部分にセールスお断りを記載し、それでも電話が来るようであればその営業マンに「担当者不在のためメールで」と言って下さい。

今のところ電話連絡の後、メールで送ってきた営業マンは一人もおりません。
メールは破棄してしまえばそれで終了ですし、迷惑メール登録してしまえば開かずに済みます。

tad********さん

2010/11/1520:25:50

私も自作なので最初は素人っぽいホームページだから営業電話がかかってくるのかな、と思ってましたが、製作業者に依頼した知人の話を聞いても同じようなので、その辺は関係ないでしょう。

経験上、例えばレッドゾーンというところは、二度とかけてくるな、と言っても4半期に1回くらいかけてきます。

「予算がないから…」といっても「そういう方には…」と、「忙しい」といっても「少しだけ」「では何時ならいいのか…」と切り返しの営業トークがマニュアルで準備されています。

相手がしゃべりつづけていても「ノー、不要です」とだけ言って電話を切ることが基本だと思います。

ten********さん

2010/11/1519:59:45

知らない人にとっては、「SEO」は、魔法の言葉です。
株を知らない人に、未公開株という言葉が、金のなる木に見えるのと同じです。
このアクセサリーを身につければ、彼女ができると同じ、
説法で、なんら根拠があるものではありません。

SEOは、効果が、あってもなくても、一定のお金を取れるので、
いま、流行っているSEO商法といえるでしょう。
GOOGLEの社員でも、機械任せなので、SEO対策屋さんの
営業は、アテにしないでくださいと公表しています。

ホームページを作る仕事が少なくなった、制作会社が、
当面の日銭稼ぎに、SEO対策を言って、金を取っています。
あなたが、本当にSEOに詳しくなるしか、対応策はありませんが、
ウチにも、SEO対策しませんかという営業電話ありますが、
結局、アテになりませんよね・・・実際は!と、いうと営業マンは、
黙ってしまいます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる