遠投120メートルにするには 自分は大学で野球をやっとおり、サードでスタメンを張っています。

遠投120メートルにするには 自分は大学で野球をやっとおり、サードでスタメンを張っています。 遠投は110~115メートル(5メートル単位でしかはかれず…)ですが、送球が不安定なので外野に転向しようか悩んでいます。 外野に転向する際、遠投120メートルあったらいいなと思うのですが、そのためのトレーニング方法や練習方法を教えて下さい。

補足

もちろん遠投は毎日しているのですが、一向に伸びる気配が…

野球全般390閲覧

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

遠投で強くするのが1番です! 他には、肩の稼働域を増やして、遠心力を増やすってのも手段ではないでしょうか? 稼働域を広くするには、やはり日々のストレッチですね! あとは、握力強化とリスト強化も効果ありです! リスト強化には、風呂の中で両膝の間に手首を挟んで左右に動かしたりすると強化出来ます。 あとは、下の力を今より上手くボールに伝えられたらいいんではないでしょうか? 110~115投げれるならば、充分とは思いますが上のレベルを目指してらっしゃいますので、凄いな~と思います。 最後に、遠くに投げようと意識しすぎると、無駄に力が入って肝心なとこで力を伝えられませんから、リリースの瞬間に体全体の力を爆発させるイメージで投げれたらベストです! バッティングのインパクトと同じですね。

その他の回答(5件)

0

サードという事は打撃がいいという事ですよね? (守備で売っている選手でサードはないと思いますので) 遠投の距離よりも打撃を磨く事を考えた方がいいと思いますよ。 正直120m投げる必要のあるシーンはありません。 低い球で80m投げれれば十分です。 浮いたダイレクト送球よりも低いワンバウンド送球の方が良いです。 (微妙に逸れた場合、カットも入れられますし) その辺の事は大学まで野球をしているのであればご存知の事と思いますが。 極端な話、120m遠投が出来ても体力測定の時自慢できるだけなので 優越感の為の努力より打撃に力を入れる事の方がずっとプラスになると思います。

0

別に外野手は120メートル投げる守備機会はないので遠投は関係ないと思います。 それより90メートルをスピンの効いたややシュート気味の安定したスローイングができるように鍛えた方がいいです。

0

でも120メートルも一人で投げることないからなあ 投げてもせいぜい70か80 だから無駄な練習するより現実的な練習をしては? ↓てか肩の可動域広げたら故障に繋がるからやめた方がいいです 適当なことは言わん方がいいよ

0

無限の可能性を追い求める姿勢… 素敵やん( ´∀`) ただね、残念ながら人間には限界があるんですよ。 私達一般の者から見ればおそろしい数値を叩き出すパワーリフティングの選手でもベンチプレス500kg挙げれる人はいない。 一生懸命やっているのになぜ? 答えは簡単。 個々の能力として、人間としての限界があるから。 ちなみにプロの選手でも遠投120mって言ったらトップレベルどころか数人程度です。