ここから本文です

祠の場所性について

adk********さん

2010/11/2712:16:48

祠の場所性について

祠ってすごくY字路の先っぽの位置にあることが多いように感じ、WIKIPEDIAでも「祠のある場所は集落の入口や道の辻、三叉路など」とあるのですが、なぜ祠はY字路に多くあるのでしょうか?

・あまり利用価値のない土地だから
・角地で目につくから

などが考えられますが、他にもっとちゃんとした理由をお知りの詳しい方がいらっしゃったら是非教えてください。凄く気になります。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
773
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

hiz********さん

編集あり2010/11/2719:39:14

祠の祭神としては「地蔵菩薩」が多いのですが、地蔵菩薩は冥界(みょうかい)と現世の境に立つ。という信仰がありますので「追分」(三叉路の分岐点)や「辻」(四叉路の一角)に建てることが多いとされております。村境にお地蔵様が立つのも同じ理由によるものです。

もう一つは、村などの集落の結界を表すともされております。村を一つの生活共同体とした昔々は、村の外は耕地や隣村があるだけではなく、悪霊、祖霊、神仏の住む他界とされておりましたので、村境に注連縄や境を示す標などを置いて結界とし、五穀豊穣や村内安全を願ったとされております。標としては道祖神や庚申塚などが立てられております。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

shi********さん

2010/11/2712:31:27

祠が、
その場所にあって、

のちのち、道が出来たと考えるのが、
自然ではないかと思いますよ…。


祠が出来た。
人が往来して、
人が集まり、
道が出来た。

こんな感じですかね…?

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる