ここから本文です

セルローズファイバーは賛否あると思いますが実際家に使った方・そうでない方も意...

sai********さん

2010/12/508:42:49

セルローズファイバーは賛否あると思いますが実際家に使った方・そうでない方も意見を聞かせてください。

注文住宅を建てるつもりですが、セルローズファイバーはハウスメーカーによっていっていることがバラバラでしたが(いいというハウスメーカーは防音・調湿・防火・防虫などさまなメリットをいっていました。しかし他のハウスメーカーは高い割りに効果はどうか?・吹き付けるので新聞紙が湿気を吸うと時間をかけて落ちていく・湿気をちゃんと出せずに結露するなど様々なデメリットを言っていました)皆さんの意見を御願いします。
間取りはどうしたらよかったなども聞かせてもらえるととても参考になるので宜しく御願いします。私たちの考えているものは4LDK車庫で二階建てなら一階リビング(どのハウスメーカにも遮光的に二階のほうが・・・といわれています)水周り。・3階建ては1階に水周り2部屋・二階にリビング、3階に寝室のつもりで居ます。
以上、宜しく御願いします。

閲覧数:
70,009
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gog********さん

2010/12/617:05:40

セルローズファイバーをマンションに入れました。
私たちも、最初は家を建てるつもりだったんです。しかし一年間いろいろな工務店やハウスメーカーと会って、業界の裏を知ってしまってからは、支払ったお金にみあう質の家は作られないと確信し、中古リフォームに転向しました。
これからの経済動向がわからないなか、ノーローンで、健康住宅を手に入れられたことにとりあえず満足しています。

ハウスメーカーの言うデメリットに少し疑問を持ちました。
ハウスメーカーの製品に、セルローズファイバーをいれるからこんなデメリットをいう・・ということもあると思いますよ。
そのハウスメーカーは調湿を考えた設計にきちんとしていますか?

もしも高気密高断熱のやり方で、まったく湿度を考えていない建て方をしたとしたら、たしかにこういうデメリットもあり、だと思います。一応理論上では、湿気というのは、気体で見えません(だから本当はユゲは水分で気体じゃないそうです。)、湿度のないほうへ向かって急激に流れ込むため、高気密だったとしても、窓を少し開けておくだけで、そこから湿気は逃げていくという話です。

いったん蓄えた湿気が、再度空気に戻されるときに、一緒に周りの建材が含む化学物質も湿気に乗って放出するので、注意点として重要なのは、ビニルクロスやベニヤなど、安いからといってヘタな科学建材を使わないことだと思います。
ちなみにウチは、石膏ボードの上に㈱高千穂の中霧島壁ライトを自分たちで左官したのですが、この建材も湿度を呼吸して、蓄えた湿気を放出するときに、マイナスイオンをたくさん出してくれるので、この断熱材と相性がいいと思っています。

しかし、このシラス壁にしてもらうにもたくさんの業者を当たったのですが、「シラスを使わない方向」にもっていこうとする業者ばかりでした。例えば、シラスはクラックが入りやすい→実際は入りにくい、左官費が高い→自分で施工可、厚みが出るから不向き→2・5ミリでそんなに気になる厚みではないといったウソを言われ、その業者の奨めるメーカーに誘導されました。
また、施工費の見積もりで、14000円/㎡といわれ(自分でやった場合は4000円/㎡前後なのに)、珪藻土なら4000円/㎡ですよ、といわれたりしました。要するに、自分たちの思い通りにお客さんを誘導したいという策略はどこの会社にもあるってことです。一番確かなのは、自分で仕入先を見に行くことと、現場を実際に見学することだと思いますよ。
自分たちで、発売元の高千穂に見学に行って、事実確認して、施工したら業者のすすめた材料よりも12万円もコスト削減できましたよ。

話がずれましたが、セルロースファイバーにして、なにが良かったかというと、実際電気代前の年よりも月千円ほど下がってます。
壁を10センチふかさなくてはならなかったけど、それもあまり気になりません。
あと、ゴキブリが入ったことがあったのですが、2~3日後、死骸を発見しました。セルローズファイバーでやられたらしいです。
湿度のどんなに高い日も、室内の湿度計は50%~60%で一定でした。

マイナス点は、窓からすきま風が入ればあんまり意味がない。一緒に窓も断熱しないと、断熱も防音も結局はうまく効果がでない。→これは今月、インナーサッシを入れようと思います。
吹き込むときに、機械を置いているフロアでけっこうな音がして、階下に住んでいる人を驚かせた。

セルローズファイバーの断熱屋で有名なひとだったが、こちらが用意したリフォーム会社とはやりたくないというので、結局はそのひとを通じて工務店を頼んだが、実際にやらせてみると断熱に関してはプロだけど、そのほかの工事に関しては素人だったので、そのひとが元受をしているのに施工管理や工事日程など全く把握しておらず、契約書も用意しないので、こちらが用意したり、遅延が発生し、やり取りが大変だった。

マドリや住宅に関して、いろいろ勉強していたなかで、読んだほうがいいと思ったのは、
「からだによい家100の知恵」という本と風水住宅であなたの脳を活性化する(松永修岳)でした。
風水?!っていうとオカルトの仲間としてバカにされちゃうけど、環境科学としてとらえると、車庫のうえに部屋をつくってはいけないとか(有毒ガスが昇ってくる)、たしかにうなづける、と思える目からうろこの部分がたくさんあるので、バカにしないでぜひ読んでみてね!

質問した人からのコメント

2010/12/11 22:02:12

とても詳しくありがとうございました。参考にさせてもらいます。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

shi********さん

2010/12/515:13:31

何でもメリット、デメリットはあるものです。それを自分が納得できるかですね。

私はセルロースファイバーはあまり好きではないですね。自然のものなのは分かるのですが、紙ですからね。新聞紙を体にくるむと暖かいようなものです。
紙に大金かけると思うと・・・。

湿気を吸ったら戻らなさそうですし。

すみません。勝手なイメージですが。

どうせ高い金を払うなら、私は羊毛断熱材がいいですね。

jim********さん

2010/12/512:45:58

我が家をセルロースファイバー(ファイバーエース)で施工しました。
9月に引っ越しましたのでこれからの季節が楽しみです。
実際12月に入って寒くないですね。外で風が強かったりしても
どこ吹く風のごとく音も気になりません。

<<セルローズファイバーはハウスメーカーによっていっていることがバラバラ

これは、当然のことでセルロースを売りにしているところはメリットを強調し、
そうでないところ(グラスウールを使っている)はデメリットを言うでしょうね。

<<防音・調湿・防火・防虫 について

防音:これを目的で工事をするわけではなく高密度で施工を行なうことで
音の侵入が少なくなるのです。結果防音効果が高いわけです。

調湿:もともと紙ですので湿気は吸います。標準的な施工ですと不織布を
張った内部にセルロースを吹き込んで(高密度で)いくので湿気を
吸ったり吐き出したり出来るのです。ただし、近年の高気密住宅として
気密シート(ビニールシート)を張ってしまうと、そういった機能は無くなるでしょう。
施工方法次第ですね。

防火,防虫:セルロースファイバーには、この効果を出す為にホウ酸(人体に害は無い)
が含有してます。そうすることで防火,防虫効果がもてるのです。
しかし、メーカーによってはその含有量にバラツキがあり、私の知っている
だけでも8%のところや22%のところと大きな違いが有ります。
含有量が多いほどこの効果は大きいと言えるでしょうね。
(因みに我が家は22%の方でした。)

以上、長々説明失礼しました。 結論としては、機能を最大限に発揮できる施工を行う
業者にきちんとやってもらうことが重要と思います。昔の土壁に替る良い物と私は考えています。

間取りについては、キッチン⇔洗面の動線を良くしておいて良かったですね。このくらいかな。。。

がんばってくださいね。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる