ここから本文です

レジ袋とゴミ袋は材質に違いがあるのでしょうか?また、同じ容積のレジ袋とゴミ袋...

rid********さん

2010/12/917:13:23

レジ袋とゴミ袋は材質に違いがあるのでしょうか?また、同じ容積のレジ袋とゴミ袋では、生産・焼却において排出される二酸化炭素量は違うのでしょうか?

違いがあればできれば具体的な数値も教えていただけると嬉しいです。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
2,152
回答数:
2
お礼:
500枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

bel********さん

2010/12/1109:53:32

レジ袋とごみ袋の材質にはあまり大きな違いはありません。主成分は炭化水素(CH2)で、分子構造や添加物の違いがある程度です。

レジ袋はゴミ袋と同じ超特大のものがまれにありますが、通常はゴミ袋よりも小さいわけです。

すると、同じ量のごみをゴミ袋で出すと一袋で出せますが、レジ袋だと、何袋もいるので、同じ量のごみを出す場合に、ゴミ袋で出すのとレジ袋で出すのとでは、袋から出る二酸化炭素の量はどちらが大きいでしょうかというと、レジ袋で出すほうが二酸化炭素量が大きいと言う答えになります。

しかし、現実には、ゴミ袋にスーパーでもらってきたレジ袋を使用後にごみとして入れて一緒に出している場合が多いので、これをレジ袋にごみを入れて出すようにすると、ゴミ袋の分二酸化炭素の排出量が小さくなります。

そういうことよりも、ゴミ袋1枚よりも、ごみの量を減らすほうが二酸化炭素削減には何倍も有効です。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

qqm********さん

2010/12/919:21:05

原料が、低密度ポリエチレンであれば、厚みも発生する二酸化炭素量も同じです。
最近の新しい技術として、原料に高密度ホリエチレンを用いて、低密度ポリエチレンよりも薄く作る技術が開発されました。
このフィルムを原料としたものであれば、1枚当たりの重量は低くなり、二酸化炭素排出量も減ります。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる