ここから本文です

アメリカ海軍空母の艦載機

yom********さん

2010/12/1123:47:59

アメリカ海軍空母の艦載機

現在の米原子力航空母艦の主力艦載機は何なんですか?
トムキャットじゃないですよね・・・F18?
どういう性能の戦闘機、艦載機なのか教えて下さい。

閲覧数:
775
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kou********さん

編集あり2010/12/1314:00:36

F-18は湾岸戦争では第一次を含めて撃墜されたのは2機、あとは事故で8機が失われた言います。第一次湾岸戦争ではMiG-21を二機撃墜しました。F-18が空対空ミサイルで敵機を撃墜した最初の記録です。ある一機は両エンジンに対空砲火を受けたにも拘わらず200kmを無事飛んで空母に帰艦、修理の後再度使用という強靭さを見せました。

下の写真はF-18が音速を突破した時の写真です。有名な写真なのでご覧になったかも。

F-18は湾岸戦争では第一次を含めて撃墜されたのは2機、あとは事故で8機が失われた言います。第一次湾岸戦争ではMi...

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

bir********さん

2010/12/1221:57:01

トムキャットは本体価格が、ものすごい巨額で、
数を そろえる空母艦載機には
海軍への予算に負担が大き過ぎるため
湾岸戦争のころで、すでに米海軍・空母艦載機の
主力はf/a-18になっていました。
トムキャットのアンチテーゼのようなマシンで
安い軽い頑丈をテーマにしてたが
デビューであった湾岸戦争では、撃墜を よくされた
といいます。この実戦を教訓に改良や改造が
ひんぱん、にされたそうです、そのため今なお
そして当分、このマシンの米海軍における地位は
約束されているといいます。
また従来はプラウラー電波妨害照射機が担当していた
任務もホーネットの電波戦特化機種ea18gが
バトンタッチを進められ、近い将来、米国空母の
ほとんどの艦載機がホーネット諸族になるようです。

トムキャットは本体価格が、ものすごい巨額で、
数を そろえる空母艦載機には
海軍への予算に負担が大き過ぎるため...

tak********さん

2010/12/1216:06:44

↓のいう方のいうことは本当です。

編集あり2010/12/1218:13:54

FA-18A+
FA18戦闘攻撃機のレガシーホーネットの初期製造分です。
現在は改修をされており、C型とは見分けがつきません。
主に対地攻撃に従事しています。
FA-18C
FA18戦闘攻撃機の中期製造形です。
一部の機体はレーダーを換装しています。
主に対地攻撃に従事しています。
FA-18E
スーパーホーネットといわれる機体です。
機体の大幅な設計変更を行いました。
強力なレーダーを搭載し、機体は大型化しました。
その代わりレーダーには映りにくくなりました。
対地攻撃に従事しています。
FA-18F
スーパーホーネットの複座型です。
複座のため色々な任務に対応しています。
防空戦闘や空中給油等の任務を行っています。

EA-18G
スーパーホーネットを元にした電子戦機です。
強力な電波を発信して、相手を混乱させます。
EA-6B
電子戦機です。
A-6イントルーダー攻撃機を改良した機体です。
4人が乗り込み電子戦に従事します。

E-2C
早期警戒機です。
敵の航空戦力の監視を行います。

HH-60/SH-60
救難や対潜哨戒を行います。

写真は、2006.4.8 12:40から50撮影
露出時間:1/125

詳細が書けるのに盗用と言うほうがおかしいですね。
写真を撮る際に自分で撮った情報は把握しています。

FA-18A+
FA18戦闘攻撃機のレガシーホーネットの初期製造分です。...

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる