「方法」としての 「method」と「way」の違いをわかりやすく教えてください。

「方法」としての 「method」と「way」の違いをわかりやすく教えてください。 英和はもちろん、英英辞書や、オックスフォードシソーラスを見ても、イマイチ、ピンときませんでした。 よろしくお願いします。

補足

methodの方がwayより 概念範疇が広いということでよいですよね?

英語10,927閲覧xmlns="http://www.w3.org/2000/svg">25

ベストアンサー

1

補足)methodの方がwayより 概念範疇が広いということでよいですよね? ⇒⇒少なくとも定形文や、受験英語ではそういう解釈でいいと思います。 又、method=メールを打つ、会議する、サッカーゴールを決めるの場合でも多くの人が知る一般的な方法なのでキメ打ちですけど、methodです(と、英英にその旨書いてありました。) 日常英語では境が曖昧になる事もありますが、これ言い出すとキリありませんので。日本語に多くの定形でない表現(比喩、逆説含む)があるのと全く同じです。その時は文脈を見ますよね。 英英辞典 1)method a planned way of doing something,especially one that a lot of people know about and use 何かをする時に計画する方法。特に多くの人が知り、使う方法の事(弊訳) 用例;I think we should try again using a different method. 我々は異なった方法でもう一度試みるべきだと思う .....>>>一般的な方法ですね。 2)way a method that you use to do or achieve something 何かを行ったり、達成したりする目的で使う方法(弊訳) 用例;What's the best way to learn language? (言葉を学ぶ一番よい方法は何ですか?) ......>>>キメ打ちですね。 >>methodはより一般的な方法 wayは、キメ打ちするための限定的、決定的な方法

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

難しいですね~・・・・・汗 皆さんの回答、とてもためになりました!! 結局は・・僕たちは日本人ですね(笑) わかりやすかった回答をBAに。。 僕の中での結論は、wayのほうが範疇は広い。。ですかね。 ありがとうございました!!!

お礼日時:2010/12/19 12:02

その他の回答(2件)

0

とてもためになる質問ですね。すでに英英辞書をご自分でひかれて意味も調べてらっしゃる上での質問なんですね!私も英英辞書で意味を再確認してみました。wayの説明にmethodが、methodの説明にwayが用いられていますし、似たような意味だとは思います。違いはこれではないでしょうか?procedure(手順・順序・ただしいやり方)をきちんと定義できることに対して→method。それに対して、procedureがあるわけではないことに対する方法・または何々の「仕方」に対してwayを用いると思います。例えばthe way of expressing emotion 感情を表現する方法(正しい決まったprocedureがあるわけではないですよね?)ただ、どちらを用いても良い場合もあると思います。補足を見て、私はwayの方が範疇は広いかなと思いました。methodをカジュアルに言うときに、wayと言える場合もあると思います。ですが、the way of her talking 彼女の話し方などと言うときには、methodを使わないと思います。どうでしょうか?

0

method は技法など技術的なやり方などに使います。 way は方針など信条に基づくやり方に使います。自分の道を行く。自分流など。