ここから本文です

教えて下さい。 アニメ「刀語り」が最終回だったのですが・・・ なぜ「とがめ」...

jin********さん

2010/12/1322:05:45

教えて下さい。
アニメ「刀語り」が最終回だったのですが・・・
なぜ「とがめ」は殺されたのでしょうか?
すみません・・なんだか よく分からなかったもので・・。
わかりやすく説明していただけると有り難いです。

補足ごめんなさい・・もう少し教えて下さい。
何故 とがめを殺すと将軍に近づけるのでしょう?
将軍家のお姫様を殺したとあっては 逆に殺されそうですが?
あと、とがめを殺す命令をした否定姫を 七花は何故許しているのでしょうか?
怒りで殺すのかと思いましたが?

閲覧数:
3,054
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rik********さん

2010/12/1415:17:19

将軍に反逆した武将の娘だからです。
将軍家の姫ではなく、反逆した武家の姫という意味です。

昔は血筋や家柄が物を言う時代だったので、敵対者は一族郎党皆殺しが通例でした。
生かしておけばいつまた反乱の首謀者になるか分かったものじゃありません。

まして出自を隠して幕府に仕えていたのですから尚更です。
尾張幕府が世を治める状態では、とがめは存在するだけで罪なんです。

七花が否定姫を殺さなかったのは、とがめが否定姫に感謝していたからです。策謀を巡らすライバルとして認めていたため、いがみ合っていても嫌ってはいなかったのです。彼女たちにとって「人を利用する」事は褒めるべき行為なのです。

またとがめが殺されたのは前述の通り政府の事情なので、実行犯の否定姫を責める筋合いでは無いという事です。否定姫がやらなくても誰かがやったでしょう。

質問した人からのコメント

2010/12/14 18:15:55

降参 ありがとうございました。理解できスッキリしました。skluckystar39395757さんのご親切にも感謝です。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

skl********さん

編集あり2010/12/1323:05:14

とがめのおとうさんが過去に将軍に背いた武将で
その合戦の際に殺害されたと思っていた娘(容赦姫)
がとがめです

それを知った否定姫が将軍に近づくために右衛門左衛門に
暗殺を命じたんです。
分かりにくくてごめんなさい><


でわまとめますw

今の将軍ととがめのお父さんが対立していました
将軍はとがめとその家系のひとを皆殺しにしたと思っていたけど
とがめが生き残っていました。
とがめは今の将軍を恨み、将軍のもとまで上り詰めて暗殺をしようとしています。
それを知った否定姫が右衛門(ryに暗殺を命じてとがめは暗殺されました。

将軍の暗殺を企てていたとがめを否定姫が排除することで
否定姫の手柄になり、
将軍を守った=昇格(?)
になった。


七果の件は
結論から言うと、四季崎ききの予言です。
うまくいえなくてごめんなさい><

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる