ここから本文です

台風の中心気圧と最大風速が気象情報で一時間毎に放送されます。 これらの情報(...

アバター

ID非公開さん

2010/12/2113:55:44

台風の中心気圧と最大風速が気象情報で一時間毎に放送されます。
これらの情報(海上の時)はどの様に計測された情報なのでしょうか?
常時台風の中心に観測船がいるとも思えませんが?

それとも航空機で計測しているのでしょうか?

閲覧数:
566
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

必要悪さん

2010/12/2118:31:59

台風が遠方海上にあるときは、たしかに直接観測するのは困難です。台風はたしかに地上付近では風をその中心に向かって吸い込む形になっていますが、上空でははき出しています。またアイウォールと呼ばれる雲のの外側にも複雑な気流が存在しますので、航空機で近づくのはとても危険です。

下記サイトにあるように気象観測におけるリモートセンシングの技術は長足の進歩を遂げています。私が小さい頃は台風の位置や進路予測をを誤ったりしたことが、希にですがありました。

最近そういうことがないのは、危険をおかして収集した実地のデータと衛星などからリモートセンシングによって得たデータの比較検討を行ったパターンのデータベースの蓄積があり、衛星からのデータがあれば、ある程度の正確さをもって推定できるからです。たとえば衛星から観測した雲のパターンの時間的変化と、実地に台風の中で観測したデータを比較したデータの蓄積があれば、推定は可能になります。

また頻繁に台風が通過する離島には、気象観測網が緻密に整備されており、実地のデータを収集しやすくなっています。遠方にあるときの台風の最低気圧などのデータは末尾の数字が5ステップのことが多いようですが、近海に近づくと正確になるのはこのためかと思います。

http://www.kcg.ac.jp/acm/a1068.html
http://homepage1.nifty.com/weather/yoho-note/yoh

アバター

質問した人からのコメント

2010/12/21 18:42:53

一安心 リモートセンシング??ふむふむ

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

med********さん

2010/12/2118:35:54

海の上にある台風は、衛星による解析が最も重要な指標になります。
昔は台風に巻き込まれた船が貴重な観測となりましたが、今は台風がある場合船は全て避難してしまいます。

参考:http://www.jma.go.jp/jma/kishou/minkan/koushu/taifu_kaiseki_gijutsu...

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる