ここから本文です

胸椎黄色靱帯骨化症で手術された方で、完全に(何の後遺症もなく)治った方いらっ...

pla********さん

2010/12/2117:26:15

胸椎黄色靱帯骨化症で手術された方で、完全に(何の後遺症もなく)治った方いらっしゃいますか?

手術はどんなでしたか?

私は今のところ経過観察との事なのですが、最近、脚に痺れが出てきました。

早めの手術が良いのでしょうか?

私はこれまで手術などの経験がなく、かなり怖くてたまりません。

補足ranpooruさん
有難う御座います。

お言葉に甘えて質問させてください。

大変ぶしつけな質問ですみません。
(自分も可能性がある事なので気になります)

社会復帰されたとの事なのですが、
現在は半身不随と排泄障害は回復されたのでしょうか。

手術をする前と比べて、手術をして良かったと思いますか?

それから、私の場合は会社でのいじめによる怪我が原因なのですが、ranpooruさんは何が原因だったのでしょうか?

閲覧数:
16,755
回答数:
1
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ran********さん

編集あり2010/12/2209:52:43

*補足しました。

一部、併発していて何とか社会復帰した患者です。
私の場合は頚椎胸椎(一部は腰椎にもありますけど放置)後縦靭帯骨化症+胸椎黄色靭帯骨化も一部にありましたが・・・。
もちろん、何の後遺症もなしとはいいませんが、一時は完全下半身不随+排泄障害になりましたのでかなり重症の部類だったでしょう。

早期の手術がよいかどうかは医師の判断と患者の決断によります。
不安なら主治医にしっかり説明と意見をお聞きした上で検査結果などを持って下記のURLから探せる医師の元へセカンドオピニオンを受けに行くのが良いでしょう。
手術方法も含めて意見は参考にされていくのが良いでしょうね。
https://www.jssr.gr.jp/jssr_sys/shidoi/listInitTop.do

他に何かお聞きになりたいことがあれば補足いただくか、名指しでも結構ですのでこのカテで別質問をして下さい。

補足後
回復しましたよ。
まあ、かなり奇跡的なことではあったようですが・・・・。
でも、黄色靭帯は極突起のつなぎ目ですので、後縦靭帯に比べれば後方除圧(椎弓形成術)の効果があると伺っています。
胸椎は脊椎のS字カーブのふくらみ部分ですので、後方除圧するにも難しい場合があるのですが、早期の手術は悪くないと思います。
これは医師の勧めにもよるのですが、医師によって多少の判断の違いはありえますからセカンドオピニオンをお勧めしたわけです。

順番がやや前後しますが、私はシビレと膝折れで階段から転げ落ちて急性増悪し、その後、入院中の(自己の無知と不注意による)尻餅で完全麻痺に陥りました。
まだそれほど高齢でもありませんでしたので、完全麻痺となるくらいなら・・・と手術を選択せざるを得なかったんですね。
確定診断前で否応なしの状態でしたのでどうしようもなかったです。

事前検討の余地があるなら先のURLできちんと他の医師も受診して質問者さんの感覚(信頼できるかどうか)で信頼できる執刀医を選ぶことが勧められます。
ご存知でしょうけど脊椎手術(に限りませんが)は100%の成功はありません。
私は運よくよい先生方、コメディカルの方々にも恵まれ自分では満足できる回復を得ることができましたが、最終的にはリハビリに掛ける意思は必須です。
口はばったいですが、私も1年以上のリハビリ期間が必要でしたし・・・術後1ヶ月以上は完全麻痺が続きましたので心はかなりきつかったということは申し上げられます。

最終的には「諦めたら負け」・・・ですからね。

この病院、検査カテはよく見ますし、自分の名前での検索もしていますので質問文の頭にでも名前をつけてくだされば目には付くと思います。
何かお聞きになりたいことがあれば私でよろしければお答えさせていただきますよ。
がんばってください。

再補足
それとこの疾患(靭帯骨化症)は現在のところ「原因不明」というのが通常の見解です。
何が原因かといえば肥満、糖尿病、ビタミンやカルシウムの代謝異常など様々なものが原因になりえますが、特定の行為による外傷から・・・っていうのは難しいかと思いますよ。
いずれにせよ緩進行性の経緯をたどる疾患ですから暗くなりすぎずに(特に周囲への恨みを持つのではなく)前向きに治療、あるいは症状の増悪防止に努めるのが患者の義務だと思いますね。

質問した人からのコメント

2010/12/22 17:32:48

降参 有難う御座いました。

ただやはり、この病気の発症がいじめの怪我と無関係とは思えません。

最初、いじめで骨盤の剥離骨折があり、その後も力仕事を強制され続け(やらないと評価を下げられる為)、骨盤を庇い腕と背中の力で持つようになり、ある日、重量物を持ち上げた際に背中に激痛が起き、この病気が確認されました。

なので直接的な要因ではなくても発病のきっかけは、その怪我とその後のパワハラ指示だと思います。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる