ここから本文です

保険会社の方治療費、治療期間について教えて下さい。

sig********さん

2011/1/600:31:28

保険会社の方治療費、治療期間について教えて下さい。

交通事故で100:0で私が0です。退院して一月がたちますが、痛みがとれずタクシー通院で注射と座薬を毎日やっております、入院先で頚椎捻挫と診断されそれ以外はMRI異常無し、紹介状と撮影したMRIの写真をセカンドオピニオンに見てもらいましたが異常なしといわれました。ただ、交通事故の恐怖で、フラッシュバックして脳で作られる痛みであると言われました。これは完治するまでに半年、一年と時間がかかるといわれ、場合によっては診療内科も紹介してもらったほうが良いと言われました。これを聞いて骨、神経に異常がないと言うことで再度安心はしましたが、これまでの治療費、これからの治療費は保険会社で出してもらえるのでしょうか。後で請求されてしまうと困ります。治療はつずけたいのですが社会保険に切り替えて治療をつずけたした方が良いのでしょうか。教えて下さい。宜しくお願いします。

閲覧数:
632
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jik********さん

2011/1/611:33:56

保険会社の人間に質問するのは間違っていますよ。

保険会社というのは加害者側の視点で物を考えます。

保険会社の収入は保険料、支出は保険金です。
自動車保険で言えば、
加害者側に味方することで出費を抑えることになります。

ですから加害者側の加入であろうと被害者側の加入であろうと、
保険会社の本質的な考え方は加害者擁護です。
被害者の立場でアドバイスを求めるのであれば、
保険会社の立場の人間に相談するのは間違いです。

さて本題ですが、
MRIで全てがわかると思っているなら、
それは根本的に間違いです。

そのように説明した医師もまた間違っています。

MRIで異常が見られないから、
事故後の症状の原因は精神的なもの。
そんな説明は暴論だということは知っておいてください。

「事故の恐怖で脳で痛みを作っている。」
そんな種類の痛みであるかどうかは、
患者本人である質問者さん自身がよくわかっているはずです。
そんな痛みなどでないことは明々白々です。
痛みの原因は事故で受けた身体への衝撃です。

MRIでわかることはせいぜい頚椎の骨と軟骨くらいです。
椎間板ヘルニアがあるとかそういう病態なら判明します。

ですが筋肉が拘縮していることは、
そういう単純な頚部MRI撮影ではわかりません。
医師が触診で患部を触り、拘縮の存在を確認していれば、
その時点で筋肉の損傷があるのが明らかで、
そのことをもって「心の病」ではなく「外傷」であることは明白です。

それを「心の病」がごとく説明するのは、
医師としての「逃げ」であると言って良いです。

昨今の医師は何かを言うと「心」を引き合いに出して逃げます。
心に原因があるのであれば、
医師として原因を言い当てられなくても、
医師としてのスキル不足ということにはなりませんからね。

ですがその発言は間違いなく医師のスキル不足によるものです。

昨今の医学会では「EBM」と言って、
根拠ある診断が理想とされています。

画像で何も異常が認められないなら異常はないんだ。
そんな暴論が常識としてまかり通るのが今の医学会です。
ですが実際には医学でわかることなどほんの一握りです。
実際には医師も患者のことをほとんど理解できていないんです。
それを認めることから進歩が生まれますが、
今の医学会のEBM(根拠ある診断)という考え方は、それを邪魔しています。

今の医学で原因が明確にならなくても、
目の前の患者が症状を訴えている。
その症状の原因が事故という明らかな外傷なのですから、
それを心の病として片付けるのは明らかな逃げです。

はっきり言って事故患者は医師から敬遠される存在です。
特にむち打ち患者はその傾向が強いです。
そのことをよく理解して行動しないと、
事故被害者として色んな権利を失うことになるので、
その点について強く認識しておいたほうが良いです。

そういう意味で保険会社の立場の人に意見を求めるのも間違いですし、
そういう診断をした医師の発言を信用するのも間違いです。

ただ、被害者が頼るべきは法律家ということにはなりますが、
大半の法律家もまたこの領域の医学知識が不足するので、
医師が間違った方向に向かうことを修正するだけのスキルがありません。

現状を打破するためには、
むち打ちに対する専門知識を有する相談先の確保が必要です。

正直、単に「むちうち」ということ以上の症状の説明がないので、
どういう病態であるのかの想像も困難ですし、
どう行動すべきかの簡単な方向性すら示せませんが、
「むちうち」、「頚椎捻挫」と一口に言っても、
実はその症状の出方は千差万別です。
その詳細な症状の内容を把握しない限り、
どういう病態であるのかの特定は困難です。

「骨、神経に異常がない」との記載がありますが、
MRIで骨は写りますが神経は移りません。
脊髄は確かに写りますが、脊髄に異常がないと神経に異常がないわけではありません。
脊髄というのは中枢神経です。
そんなものが傷ついていれば大変なことになります。
そうではなく神経根や腕神経叢レベルでの損傷であれば、
MRIで特に異常が認められなくても可能性の排除は完了しません。
特に腕神経叢においては、
通常の画像診断で判別できるものではないので、
もっとそれを想定した検査を受けない限り判別は不能です。
現時点ではその可能性の疑いすら模索されていないと思われます。

いずれにしてもそうした可能性を一から精査すべき内容であって、
それなしに保険会社に負担させられる、させられないの判断も出来ず、
結局そのままズルズル行くと、
結局は時間切れで保険会社から一方的に打ち切られて終わることになります。

出来ればこの領域の知識の豊富な相談先を確保することですね。

交通事故被害者支援専門 植山行政書士事務所 植山 保

質問した人からのコメント

2011/1/12 01:30:21

降参 有難うございました

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる