ここから本文です

アドレナリンとノルアドレナリンとアセチルコリン

yno********さん

2011/1/701:13:43

アドレナリンとノルアドレナリンとアセチルコリン

アドレナリンとノルアドレナリンとアセチルコリン

いまいち
わかりません。

アドレナリンが出る!って
いいますよね。
交感神経から?
副腎から出るのがアドレナリン?
神経節?
シナプス?に関係が、アセチルコリン???

すいません、
どなたか
教えて下さい。。。

補足アドレナリンはどうなるんでしょうか?

閲覧数:
2,539
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pol********さん

2011/1/709:03:13

アドレナリンは主に副腎髄質より分泌されるホルモンとして働き、また、神経節や脳神経系における神経伝達物質でもあります。ストレス反応の中心的役割を果たし、血中に放出されると心拍数や血圧を上げ、瞳孔を開きブドウ糖の血中濃度(血糖値)を上げる作用などがあります。

随意運動神経の末端からはアセチルコリンが放出され、随意筋を収縮させます。

交感神経では、交感神経節でシナプスする際の神経伝達物質はアセチルコリンですが、シナプス後の神経細胞が末梢で放出する神経伝達物質は、通常ノルアドレナリンです。汗腺の場合だけ、アセチルコリンが放出されます。

副交感神経では、副交感神経節のシナプスにおいても、シナプス後の神経細胞が末梢で放出する神経伝達物質も、どちらもアセチルコリンです。

質問した人からのコメント

2011/1/7 13:08:46

よく読んでいませんでした。。アドレナリンについて記載ありました。ありがとうございます!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる