魔法使いサリーの第1作の最終回は学校が火事になります。火事の原因は何だったのでしょうか?

魔法使いサリーの第1作の最終回は学校が火事になります。火事の原因は何だったのでしょうか?

アニメ1,593閲覧

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

1

やはり火事自体の原因は不明でした。しかしこの騒ぎを(火事)魔法で消したため、みなに魔女であることがばれ、(実際は前に告白していたが信じてもらえなかった)また魔法の国からの社交界でのデビューの日程が迫っていたために、人間界を後にすることになったのです。(日程はサリーは学校で1番になったらご褒美できりの良い(人間界の)時まで延期だったが天才君(ケン)に負け日程変更はされなかった。 ですので火事自体は原因は何でも良く(テロは困るけど)魔法で消火することでサリーが魔女だと公式に宣言して魔法の国に帰り易くさせるするきっかけのエピソードと思います。(火事を知らせたヨッちゃんが『理科室が火事だ』とか言う脚本なら何の問題もなかったのですが) お答えになっているかな?

1人がナイス!しています

その他の回答(1件)

0

こんにちは。 火事の原因は作中では語られていませんから分かりません。 お話は、サリーとカブが魔法の国に帰ろうとしているところに、 よし子ちゃんが学校が火事だと知らせにきたのです。 ご参考になれば幸いです。 失礼致しました。