ここから本文です

【車VS車】交通事故後の加害者本人とのやりとりは法的に違法?

haz********さん

2011/1/822:14:14

【車VS車】交通事故後の加害者本人とのやりとりは法的に違法?

私が100%被害者だった場合、事故後に加害者側(相手側)の保険会社が示談代行サービスに入ったとします。
①間に保険会社が入った場合、それ以降は加害者本人と直接連絡・やりとりをするのは違法? であるといった噂を耳にしましたが、これは本当なんですか? 単なる噂と思いますが真相はどうなんでしょうか?

②損害賠償責任者について
加害者側の保険会社は代行して金を支払うのであって、あくまで賠償責任を負うのは加害者である。保険会社が金を支払って示談が成立すれば加害者は賠償賠償の責任を果たしたことになる。
私はこのように解釈してますが、間違いないでしょうか?

補足今回は物損事故+人身事故です。

【追加質問です】
もしも加害者側(相手)保険会社と交渉が決裂した場合、
A.加害者(相手)保険会社のたてた弁護士の対応を断り(保険会社側とは一切交渉しない)、加害者(相手)に直接請求することは可能でしょうか?
B.この時加害者が独自に弁護士を立ててきた場合、この場合は加害者(相手)は自腹で弁護士料+判決で決定した損害賠償額(慰謝料含む)を支払う事になるわけですよね?

閲覧数:
14,765
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

abc********さん

編集あり2011/1/1208:41:13


示談代行サービスは、加害者・被害者の双方が同意の下にできるサービスです。
質問者さんが100%の被害者で、質問者さんが相手保険会社との交渉を断れば、相手保険会社は示談交渉をすることができません。
保険の約款にも記載があります。

その結果、相手が弁護士を介して交渉を持ちかけてきた場合は、弁護士を通しての交渉となります。弁護士が入った場合、直接相手に連絡をしても、即処分はされませんが、相手が裁判所に申し立てをした後に直接連絡をすると、処分される可能性があります。



質問者さんのお考えの通りです。

保険会社の対物は、被保険者が法的に賠償しなくてはならない賠償金を支払います。
保険会社が支払うのは、相手が払うべき賠償金で、それ以外の金銭を相手に直接支払いを強制する事はできません。もちろん、請求はしてもかまいませんし、相手が支払うというのであれば、受け取っても違法ではありません。
しかし、威圧的な態度で支払いを求め、相手が恐怖を感じれば、恐喝罪に当たる可能性があります。



-----補足-----

回答者の中にも勘違いされている方がいますが、今回は被害者の過失は0です。つまり、加害者の保険会社は、被害者に求める損害賠償はありません。
損害賠償請求は行いませんから、加害者の保険会社から弁護士を立てる事はありません。被害者がゴネている場合、弁護士を立てる事もありますが、被害者が加害者の保険会社の提示に納得しない限り話は進みません。

被害者の考えを通すなら、被害者が裁判を起こし、法廷で被害者の考えを認めてもらうしかありません。


また、加害者に直接請求しても構いませんが、支払いを強制する事はできません。もし、威圧的な態度で請求した場合、恐喝にあたる可能性もあります。



加害者側から弁護士を立てる可能性は少なく、「被害者が弁護士を立てた場合に、損害賠償を行う任意保険会社が弁護士を立てる」といった流れが一般的です。


加害者側は、任意保険の「対物」で弁護士を立てますので、金銭的な負担はありません。手続きもほとんど保険会社で行いますので、手間もほとんどありません。

被害者側は、「弁護士費用特約」に加入していなければ自己負担です。

質問した人からのコメント

2011/1/13 23:19:45

抱きしめる 示談代行サービスが双方同意ならば利用できる、とは知りませんでした。
約款を見ましたが、確かにその事が記されていました。
弁護士対応の事も含め、いろいろと勉強になりました。 ありがとうございました!
また宜しくお願いします。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

kei********さん

2011/1/914:21:17

加害者本人とのやりとりも内容次第では違法と扱われると思います。
強い金銭の要求や納得行く弁償を個人的に求めた場合、
恐喝と扱われ自分が不利になる可能性もあります。
その前に相手も弁護士を立てるでしょうけど

プロフィール画像

カテゴリマスター

neo********さん

編集あり2011/1/1209:59:35

1)違法ではありませんが、加害者も保険契約に基づく示談代行行為を保険屋に任せることはできます。保険屋との交渉を拒否しつづければ、保険屋は加害者から委任状をとり(加害者の要望により)弁護士対応に切り替える可能性があります。

2)その通りです。

補足 基本的に保険屋が提示する賠償は法的に妥当なものと思います。被害者の要求が法的に妥当なものであれば保険屋が賠償します。
◇加害者(相手)に直接請求することは可能でしょうか?
可能ですが、加害者はその要求を保険屋に回しますので同じこと 堂々巡りになります。加害者・保険屋が弁護士をたてればあなたは弁護士との交渉は拒否できません。

賠償にかかるものですから加害者が自己負担することはありません。保険屋が負担します。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる