ここから本文です

学資保険をソニーかアフラックで検討中ですが、返戻率と金利は違う、とはどういう...

blu********さん

2011/1/1104:03:44

学資保険をソニーかアフラックで検討中ですが、返戻率と金利は違う、とはどういうことなのでしょうか。
医療保険は別に共済で加入しようと思っていますが、健康保険を考えると市町村の支給が終わる年齢になってから加入したほうがいいのでしょうか。

閲覧数:
1,472
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

toe********さん

2011/1/1115:44:31

返戻率は、支払った保険料の総額に対して支払われた受取金額の割合をいいます。貯蓄性重視で学資保険を選ぶ際の基準になります。金利ですが、現在は低金利時代であり、積立期間中は低金利で固定されますので、もし今後市場金利が上がった場合、その恩恵を得られない、ということになります。

これをよく「インフレリスク(物価の上昇にともない、お金の価値が減ること)」として否定的にとらえる意見もありますが、私はこれから先、かつてのバブルのような高金利など望みようもないと思いますし、学資保険の目的は投資というよりいかに目標額を確実に受け取れるかだと感じていますので、必要以上にインフレリスクを警戒することはないと思っています。

それに、学資資金を全額学資保険で準備する、というケースはほとんどないでしょうし、銀行の積立てなども併用するのが一般的ですからね。どんなものにもリスクは存在しますから、要は予想されるリスクをいかにうまく分散できるかだと思います。

それと、子ども向けの共済の場合は一定年齢(18歳)までは掛金が変わりませんから、いつでも同じ掛金で加入できます。また、市町村の医療費補助があっても、入院や手術などあれば共済からも受け取れます。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる