ここから本文です

分割融資について

nah********さん

2011/1/1214:14:45

分割融資について

新築中です。分割融資という形で融資を受けることになりました。
計3回に分けての融資です。自分の口座に一度入る形ですが、そのまま業者に入金されます。

当初の請負契約の金額より建築価格は高くなってしまいました。
(小変更や地盤改良工事、法的な工事などあったため)
予定借り入れ額より多く融資を受けなければならなくなった為、ハウスメーカー営業より
借入できるように高めの契約書を作って銀行に出したので大丈夫ですとのことでした。
たしかに多く借り入れできてよかったのですが、気になることがあります。

1. 融資用の契約書を見せられてません。今まで2回の支払い金額はその都度銀行で知りました。
2. 住宅ローン減税の手続きもあるので、融資用の契約書をもらっておくべき?
3. 現在、上棟金を入金しまして3月に完成引渡金を支払う予定です。
最終的に支払う総工事代金が知らされておりません。
分割融資金から入金して最終的にプラスマイナスを精算すると言われています。
今までの見積から何となく総工事代はわかりますが、きちんとした最終金額を知らないのに入金するのも??な感じ で不正などあったら・・と考えてしまします。総合計金額を書面で出してもらうべきでしょうか?

無知なもので申し訳ないですが、アドバイス願います。

補足アドバイスと申しますか、住宅新築の際は工事終了まで金額は不確定と思ってよいのでしょうか?
またこのような業者は多いのでしょうか?

閲覧数:
1,227
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

qb1********さん

2011/1/1217:41:20

1.融資に関しては、銀行と質問者さんの契約ですよね?
ここに関しては、必ず契約(金商契約)が結ばれていないと実行してくれる訳が無いと思います。契約されていますよね?
その内訳が(いつに幾ら)というのが当日まで知らされていないという意味でしょうか?
どちらにしても、いつに幾ら入金が必要なのかは、質問者さんが当然ご自身で把握しなければいけないことです。
それを業者に確認することと、銀行に融資を受けるタイミングなどの質問をすることなども質問者さんが自ら行動すべきことだと思いますよ。

2.何を想定されているのかよく分からないのですが、住宅ローン減税は12月31日までにその家に住んでいることが必須条件です。そのため建築途中の家では、減税は受けられません。

3.工事代金が知らされていないとありますが、施工業者とは契約を結んでいないんでしょうか?施工業者との契約には、金額が明記されていると思います。そこからの増減分については、変更契約というのを都度行うのが基本ですが、業者によっては最後にまとめて行うところもあります。その場合は、施主が一つ一つの変更に対してかかる金額を明確にしてもらい、総額を計算するか、総額を知らせてもらうように依頼しておく必要があります。


まずは、現状で総合計金額ないし、契約時からの変更額を明確にしてもらう必要がありますね。
その場合には、詳細な見積も見る必要があると思います。
今までに、詳細見積は見られていますか?柱が1本いくらか、石膏ボード1枚の単価などご存知でしょうか?
それらが記載されているレベルの見積書を提示いただくのがベストだと思いますが、今までの見積と同レベルでもかまわないので、まずはしっかりとした見積を作ってもらいましょう。

建築会社の営業マンや銀行マンは、サービス業であってサービス業にあらずです。
施主が自ら行動を起こさないとたいした対応はしないものと思って行動されることをお勧めします!

がんばってくださいね。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

exc********さん

2011/1/2002:03:25

銀行との融資契約には必ず契約書が存在し、あなた自身が契約内容の説明を受け署名捺印しているはずです。
もしその記憶が無いなら大きな問題です。
銀行に行って契約書の写しをもらいじぶんが署名捺印しているか確認しましょう。
どういう理由か分かりませんが、こういうことを求めると出し渋る金融機関が時折見受けられます。
その場合は容赦なく金融庁に相談すべきです。
あなたは自分の知らない間に知らない条件で借金をさせられている可能性があります。
そういうことがおきていないことはしっかり確認しておくべきです。
そこは取り越し苦労だとしても今の時点でしっかり確認しておくべきでしょう。

分割融資は諾成契約(だくせいけいやく)の可能性があります。これは契約を1度だけ行い、資金交付は必要のつど行うという方式です。
この方法であれば、契約自体は1回で分割のつどあなたから資金の交付の際領収証(またはそれにかわるもの)を銀行が受け取る方式で手続きできます。今回の融資がこの方法で行われていたかはわかりませんが、1回の契約で融資するならこの方法です。

工事業者は銀行とあなたの融資契約に直接関与することはできません。まず銀行はあなたとの融資について守秘義務がありあなた自身が守秘義務解除しない限り銀行から情報が得られないはずです。もちろん支払ってほしいときにあなたが支払ってくれることは工事業者としては必要な条件ですが、それと融資契約は別です。融資契約はあくまであなたと銀行で締結されるものです。借金を返済するのはほかならぬあなた自身です。自分に関する重要なことですので自身でしっかり確認しましょう。

kaz********さん

2011/1/1214:29:03

施主が総額を知らないのは、おかしな話です、追加になった分の内訳と合わせて工事内容があっているか、書面で貰いましょう。

※本当に詳細を知らないと、ごまかされても解りませんよ!

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる