ペナルティエリア内のファウルはアドバンテージを取らずに、即PKのジャッジをすると聞いたことがあります。 これは本当でしょうか?昨日の試合は物議を醸してるので別として考えてください。

ペナルティエリア内のファウルはアドバンテージを取らずに、即PKのジャッジをすると聞いたことがあります。 これは本当でしょうか?昨日の試合は物議を醸してるので別として考えてください。

サッカー1,187閲覧

ベストアンサー

このベストアンサーは投票で選ばれました

0

すぐ得点が入りそうなときはアドバンテージを取るのが普通。 アドバンテージはファウルを取るより流したほうが有利な場合にとるもの。 そして得点>PKであるのは自明の理。 だから普通の審判は確実に次のプレーでゴールが見込めるならアドバンテージを取ることが多い。 逆にPKを取ったために選手から猛抗議を受けてるのを見たことがある。ちなみにPKは外れた。かわいそう。 それくらいPKと実際の得点では大きな差があるから、普通はアドバンテージをみる。 例外は得点機会阻止以外の理由によるレッドカード級のファウルの場合。 この場合アドバンテージをとらずに即PK+レッドが出される。 理由は、レッドカードを出す場合はアドバンテージを取ってはいけないから。 退場する選手はそれ以上プレーに関わってはいけないので、レッドカードをだすと決めた場合は即座に退場させないといけない。 だからPA内のファウルでアドバンテージをあえてとらない場合はレッド+PKの時が多い。 仮にレッド級でも得点機会阻止はアドバンテージを取ってゴールが決まればこれは否定されるから(得点が入っているのだから阻止にはならないので)、アドバンテージで流してゴールが決まった場合は、相手選手にはイエローか、もしくは何もなしになることが多い。 というわけで、通常は流してゴールを認めることが多いけど、悪質で即座に退場させるべきだと審判が判断したときだけ即PK&レッドでアドバンテージは認められません。

その他の回答(2件)

0

違います。アドバンテージをとる場合もあります。ゴールが決まれば。そうでなければ、あとからPKを判定するときもあります。 ただ、故意でない場合はカードはでません。 故意に手で防いでもゴールしたら警告。 故意に防いでゴールを防いだら退場です。

0

そんなことはありません。 相手がハンドして止めても、流れで決まりそうなら流します。(その後反則した選手にレッドカード)