ここから本文です

明治に八甲田山で雪中行軍してたくさんの軍人が死んだ事故があり映画にもなってま...

aki********さん

2011/1/3023:13:58

明治に八甲田山で雪中行軍してたくさんの軍人が死んだ事故があり映画にもなってますがその後はそうした事故がありませんがしなくなったのですか、それともやってるけど寒さ対策が出来てるのですか。

補足ありがとうございます。やってますか、すると天気の急変と判断ミスがあっても今の自衛隊は大丈夫なんでしょうか。まあ通信機もありますしナビもありますからね。

閲覧数:
1,162
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mek********さん

2011/1/3023:28:47

そう、防寒対策をしたのです。八甲田山雪中行軍事件で多くの犠牲者を出した。しかし助かった人もいたのです。助かった人は独自の防寒対策を施していたのです。それに気づいた陸軍がその後、軍全体に防寒対策を徹底させた。だからこそ、日露戦争に勝てたのだ。そうでなければロシア軍と戦う前に凍傷で動けなくなっていたはずだ。とはいいながら、日露戦争でも無視できない数の凍傷患者は出ました。凍死はさすがになかったけど、温暖な気候に慣れた日本人には防寒対策というほどの技術が存在しなかったのだ。凍死しない程度の防寒技術は徹底したというべきか。

質問した人からのコメント

2011/1/30 23:33:42

降参 そうですか一応防寒対策をしたのですね、まあ寒さを知ってる人はご存知ですが寒さの中で人の命を取るのはちょっとしたことで容易いですからね。ありがとうございました。参考にします。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

box********さん

編集あり2011/1/3023:23:10

訓練はその後も続いたと思います。
八甲田山で事故が起きたのは装備も勿論ですが天候の急変と行軍の判断ミスが最大の原因です。


それは当然現代の冬山登山(近代装備)においても十分起こり得る事です。


ちなみに近年、訓練で自衛隊が近代装備で大雪の冬の八甲田山に入り無事に踏破したそうです。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる