ここから本文です

生まれ変わりや死後の世界について主張した本はいろいろありますが 「無」につい...

max********さん

2011/2/102:45:59

生まれ変わりや死後の世界について主張した本はいろいろありますが
「無」について主張した本はありますか?

何も無いとはどういうことなのかなど、またその受け入れ方など書いてある本を探しています。

閲覧数:
245
回答数:
3
お礼:
250枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sap********さん

2011/2/201:22:03

生まれ変わりがあるなら自分も誰かの生まれ変わりのはず。

皆さんは前世の記憶がありますか?
私の場合は一切ありません。
つまり、本当に生まれ変わりがあったとしても記憶に残らないならないのと同じです。

bon********さん

2011/2/108:14:15

「無」とは生前の状態です。

ですから、私たちはなんとなく本を読まなくても「無の世界」
が理解できるのではないでしょうか?自明ですが、「無」に
なったら「無」は理解できません。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる