ここから本文です

硫安は即効性肥料と聞きましたが、何日くらいで効力が消えるのでしょうか。硫安を...

muk********さん

2011/2/211:28:41

硫安は即効性肥料と聞きましたが、何日くらいで効力が消えるのでしょうか。硫安を追肥する場合、肥料分が残っているのに再追肥すると肥料分過多で作物が肥負けする恐れがあるので質問しました。

宜しくご指導方お願いします。

補足実は、アルカリ中和剤として考えています。秋まきの大根は育たず、育成中の玉ねぎも葉が枯れてきましたので土壌のPHを調べましたら7.5前後でした。(苦土石灰の撒き過ぎか)育成中の玉ねぎには硫安液を与えてアルカリ度を軽減し、春に大根を蒔くときには元肥に硫安を加えようと考えています。なお、私は有機栽培を続けている者ですが、今回は硫安を中和剤として割り切ろうと思っています。総体的に御意見を頂ければ幸甚です。

閲覧数:
60,204
回答数:
5

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ind********さん

編集あり2011/2/317:57:05

硫安を施肥した後は、肥料の中に入っていた窒素成分が作物が吸収してしまうまで、効果が残ります。
いつまで残るかは、施肥した硫安の量によって違う事になります。
また、そこに育つ作物が、どれだけ早く沢山育って、肥料を吸収するかによっても違う事になります。
ですから、”何日くらいで効力が消える”かを言う事は出来ません。

もっと詳しい話をすると、施肥したアンモニア態窒素が硝酸態窒素に変わったり、
雨が降ると、その硝酸態窒素が、流れて無くなったり という事が起こるのですが、
とりあえずは、上に書いたことを参考にして下さい。

ちなみに、硫安を単独で蒔いても、アウト なんてことは無いですよ。
-------------------------------------
補足がありましたので、追加します。

有機栽培を続けておられるのに、苦土石灰を撒き過ぎたのですか。ふーむ。

pH7.5は、確かに高いですが、この程度であれば、pHが原因で大根が育たないとか、玉ねぎが枯れるということには、普通はならないです。(私なら、別の原因を探します。)

それでも、pHが高めなのは 確かですから、窒素肥料をやる時は硫安をやるというのは、悪くない選択です。
でも、それにしても、せっかく”有機栽培”を指向しておられるのですから、ぎりぎりまで多量の硫安を撒いて、急激にアルカリ性を解消しようなんて、極端なことはお考えにならないことを、お勧めしたいです。

日本の土は、放っておいてもその内に酸性になります。
また、前に言ったように、pH7.5なら普通の野菜が出来ないとか、枯れたりすることはありません。
有機栽培の基本の通り、自然の成り行きに沿って、普通の管理で、普通の栽培をすれば、普通の収穫が望めるはずです。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜4件/4件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

aya********さん

2011/2/511:39:02

硫安は水溶性ですから雨が降ると根から吸収されるか、それ以外は水と一緒に抜けてしまいます。
単肥で撒いた場合、基本的には一雨で抜けると思ったほうが良いと思います。
PH7.5はそんなに高くないですよ。
有機栽培されているのなら、自然に酸性に振れて来ます。
中和剤としての硫安多肥はお勧めしませんね。
作物が不作だったようですが、燐酸と加里は効かせていますか?
根物には窒素を抑えてりん酸や加里を効かせないとだめですよ。
硫安が多いと窒素過多になり、葉っぱばかりが大きくなって実が付いてないと言う事がよくあります。
有機栽培なら、骨粉や魚粉に草木灰を混ぜて元肥にやるか
有機にこだわらないのなら、硫酸加里を効かせます。
メジャーな成分比は
窒素:4
りん酸:10
加里:15
なんかです。有機では無理な成分ですけどね。
苦土も使えばりん酸の肥効を助けます。

promenadeさん

2011/2/317:00:41

栽培中に意識的中和に導くのはなかなかに難しいところです。硫安も生理的酸化肥料ですので効果は期待出来ますが質問にあるように肥料過多になります。他にも酸性肥料はありますので化学的にしろ生理的にしろ効果は期待出来ます。
どうあれ肥料過多になるとそれはそれで塩害に繋がります。またタマネギは肥過多になると生育後腐れるまでの期間が早くなりますのでこれまたきびしいところです。
腐食性の有機物を混和し緩和を図る、またキワを深耕天地換えをして緩和を図るのが安牌ではなかろうかと考えます。
肥料分と石灰との相殺も方法の一つですが双方とも消えてなくなる訳ではありませんので(既に行った撒きすぎ行為)を考慮するとオススメな方法とは思えません。
春からホウレン草の栽培されたら如何ですか?タマネギは最悪植え替えも可能です。

編集あり2011/2/404:12:45

家庭菜園やガーデニングで硫安を単独で使う事は滅多にないのですが・・・・。

何の目的で使うか知りたいものですが、私なりの推論で書いてみます。

多分、野菜などを「早く大きくしたい」と言う目的でしょうが、使い方を間違えると「逆効果(アウト)」と言う事にもなりますよ。

10日くらいで効果はなくなると思いますが、季節、雨量、温度、・・・・と、様々な条件で変わってしまい、一概には言えませんがね。

営利栽培では単独で使う事もありますが、家庭菜園では「三要素そろった液体肥料」で十分です。

余り欲をかくと「元も子もない」と言う事になるので。

補足
あなたは少々頭でっかち(情報過多)のようですね。

巷では「酸性土壌を改善するために苦土石灰を・・・・」と言う人が多いのですが、これも使い方を誤ると「逆効果」と言う事になります。

おそらく、「あれこれやりすぎた結果」だと思いますが・・・・。

「ほうれん草に石灰」と言う人も多いのですが、私は石灰など全くやらずに立派なほうれん草を作りますよ。

あなたは有機栽培をなさっているのだから「鶏糞」を使う事をお勧めします。

鶏糞の中には、卵の殻を丈夫にするための「牡蠣ガラ(ボレー粉)」が残っていて、土壌が酸性に傾くと溶けて中和してくれるので、私はかなり大量に使っています。

タダ、肥料としては効き始めるのが遅く、元肥として使うのが良いと思います。

堆肥ほどではありませんが、土壌の改良にも役立つので、寒い今の時期に撒いておくのもよいと思います。

2011/2/211:48:47

硫安を単独で蒔いたらアウトですよ。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる