ここから本文です

インフルエンザって空気中のウイルスを吸うと かかってしまうのですか?

a_r********さん

2011/2/215:06:28

インフルエンザって空気中のウイルスを吸うと
かかってしまうのですか?

閲覧数:
2,694
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sir********さん

2011/2/217:03:18

空気中にたくさんウィルスが漂っていてそれを吸ってインフルエンザにかかると言うようなイメージをしておられるとしたら少し違います。

通常は罹患者がくしゃみや咳をして鼻水などと一緒に飛んだ「飛沫」にウィルスが含まれていて、それを吸い込むことで感染するということです。
従って「くしゃみ・咳エチケット」が大切なのです。
「飛沫」はある程度大きいもので、そんなに遠くまで飛ぶことはありません。
パンデミック時に電車の中で乗客を2m間隔で座らせると言うことが望ましいとされていますが、飛ぶ距離は大体そんなものです。
ウィルスの1つ1つは飛沫より非常に小さいもので遠くまで飛ぶと考えられますが、水分のない状態でウィルスは長く生きられません。またそこまでバラバラになって飛ぶこともありません。
ですから「飛沫」が飛んでいない普通の「空気中」をそれ程恐れることはありません。

「飛沫」はウィルス1つ1つと比べると非常に重たいのですぐ落ちてどこかにくっつきます。
「手洗い」が重要なのはそれに触ってウィルスがくっついた手からウィルスを洗い流すためです。
もちろん「飛沫」はくしゃみをしたときには霧(?)のように目に見えるかもしれませんが、落ちた後はどこにくっついているか目では見えませんから、この季節は外出時には出来るだけ何度も手を洗うことが推奨されます。

こんなところでお判りいただけたでしょうか?

質問した人からのコメント

2011/2/3 17:35:36

一番わかりやすかったのでベストアンサーにさせていただきました。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

sub********さん

編集あり2011/2/218:06:30

ここの知恵袋の回答では飛沫感染というのが常識のようですが、一般的に飛沫というのは波しぶきや水しぶきのことをさします。飛沫ときいて、唾や鼻水を連想するのは国語の勉強がたりなかった人でしょう。日本語のわからない人のいうことは筋がとおらないことが多いようです。

もし飛沫などで感染するのであれば、初詣が一番危険だと思いませんか。
一年で一番人が集まるのが初詣ですよね。初詣の群集みたら、どこから集まるのか本当にすごいなと感じます。接触感染、経口感染、飛沫感染、空気感染、粘膜感染、皮脂感染、スカトロ感染、日和見感染。一番リスクが高いのが初詣です。通常の日の何万倍のリスクですよ。参道の露天商ではさまざまな食べ物が売られます。わたあめ、ラーメン、うどんそば、味噌おでん、飲み物、甘酒、アメリカンドッグ、お好み焼き、たい焼き、たこ焼き、焼きそば、牡蠣やイカ、タコ、サザエなどの海鮮の串焼き、ホルモンや焼肉、ありとあらゆる食べ物に不特定多数の人間が接触します。飛沫とびまくり。糞便かぶりまくり。神社のトイレって、きたなくてはいりたくないですよ。酔っ払いの嘔吐物とかあるしね。
★『○○山××寺の初詣で、インフルエンザに集団感染』『インフルエンザウイルスが集団発生、○見稲荷の初詣で感染か!?』というニュースがながれてもいいはずですよね。なぜそうならないんでしょうか。現実と感染理論が合致してないじゃないですか。おかしいですよね。まったくおかしい。これが飛沫感染などうそでたらめであるという証拠です。

さて回答ですが、空気からインフルエンザウイルスを吸い込むなどということはありえません。

もし空気から吸い込むのなら、
インフルエンザを予防するのに『人ごみを避ける』は成立しません。
矛盾します。またうつるもうつらないもないでしょう。これはあなたの空気、これは私の空気ですというのとおなじですから、話のつじつまがあいません。

ウイルスというものはすべて、空気中をふわふわ浮遊したりすることができません。
すべてのウイルスについておなじことがいえます。
ウイルスが人間の体から離脱するのは人間が月にいくくらい難しいことなのです。

ウイルスが空気中を伝播するのなら、人間はいまごろ絶滅しています。
ウイルスは人間の血液や体細胞のなかでしか増殖できません。寄生しなければいきられないのです。
血液がどれだけ高温多湿であるかわからないのなら、こんど献血にいってじっくりながめて確認してください。
自分の体温をはかって見てください。

tm_********さん

2011/2/216:04:11

そうですね。

感染者の咳、くしゃみ、つばなどの飛沫と共に放出されたウイルスを、のどや鼻から吸い込むことによって感染します(飛沫感染)

後、感染者が使用した電話やドアノブ、食器、交通機関のつり革などにウイルスが付着して、後からそれを触ったヒトに感染が起こる。(接触感染)

kaz********さん

2011/2/215:17:49

衣服に付いたウィルスを吸う可能性もあると思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる