ここから本文です

所得税・消費税に関する質問です。 ≪家族≫ 本人(会社役員・不動産貸付業) ...

poi********さん

2011/2/510:44:11

所得税・消費税に関する質問です。

≪家族≫

本人(会社役員・不動産貸付業)
妻(夫の青色専従者給与280万)
子供2人(19歳と15歳)

≪平成22年中の収入と経費≫

(1)国内の銀行預金利息1万5千
同上に係る源泉徴収額3千
(2)主たる勤務先からの給与収入650万
従たる勤務先からの給与収入100万
同上に係る源泉徴収額47万
(3)事務所用ビルの賃貸収入1250万
同上に係る経費
固定資産税60万
修繕費。管理費273万
減価償却費380万
借入金利子120万
火災保険料15万
(4)青色申告を低用紙、承認済
(5)予定納税額の納付11万


≪所得控除≫

(1)医療費の支払い

本人の歯科治療費14万
人間ドッグ費用3万2千
妻の病院治療費3万
子の入院費用6万5千

(2)社会保険料の支払額68万
国民年金の未納額5万
(3)一般の生命保険料の支払額12万
個人年金の保険料の支払額18万

≪その他≫

入院に伴い受け取った保険金7万

≪参考≫

給与所得控除額

180万以下→収入金額×40%(最低額65万)
180~360万→収入金額×30%+18万
360万~660万→収入金額×20%+54万
660~1000万以下→収入金額×10%+120万


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

上記の条件の時、

(1)給与所得の金額
(2)不動産所得の金額
(3)生命保険料控除の金額
(4)配偶者の控除適用額
(5)扶養控除額
(6)所得控除額

上記はいくらになるのでしょうか?
詳しい方いらっしゃいましたら教えていただけたらありがたいです。
宜しくお願い致します。

補足kinugasa様

丁寧なお返事ありがとうございます!
とても参考になります。

質問があるのですが、
①≪「不動産収入の金額-必要経費の金額」→専従者給与が「同上に係る経費」の中に入っていません≫とご指摘くださりましたが、これはどういう意味でしょうか?回答の選択肢には27万、57万、122万、372万なのですが、これに合いそうな計算を見つけることができませんでした。。

閲覧数:
657
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kin********さん

2011/2/523:29:44

(1)給与所得の金額
源泉徴収票の「支払金額」の合計を↓に入力して下さい。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1410.htm


(2)不動産所得の金額
不動産収入の金額-必要経費の金額

専従者給与が「同上に係る経費」の中に入っていませんが?


(3)生命保険料控除の金額
10万円


4)配偶者の控除適用額
意味不明です。
※ちなみに、専従者は控除対象配偶者になりません。

(5)扶養控除額
子が扶養親族かどうか不明です。

扶養親族であり、年齢が22年12月31日時点のものなら、
101万円


(6)所得控除額
意味不明です。「所得控除の合計額」ならともかく。



〉人間ドッグ費用3万2千
「ドック」ですよ。「船渠」の意味です。

医療費控除の対象外です。
ドックで異常が見つかり、そのまま治療に入ったのなら別ですが。

〉入院に伴い受け取った保険金7万
「子の入院費用6万5千」に対するものなら、差し引き0ですね。


〉国民年金の未納額5万
払っていないのだから、社会保険料控除の対象外です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる