ここから本文です

アミノ酸シャンプーについて。 薄毛に悩んでます(´・ω・`)毛量は多めなんですが...

pia********さん

2011/2/810:45:00

アミノ酸シャンプーについて。

薄毛に悩んでます(´・ω・`)毛量は多めなんですが、細すぎて(主に根元)、最近地肌が見えて来ました(泣)30の女です 。

最近地肌にも髪にも優しいとの事でアミノ酸シャンプーに変えたんですが、ネットで調べてたらアミノ酸シャンプーには「合成」と「天然」があるんですね‥。

天然アミノ酸シャンプーの方がいいんですが、私の使ってるのがどちらかもわからないし、どのシャンプーが天然かもわかりません;見分ける方法はありますか?成分で何が入ってたら合成とか わかるのでしょうか?

因みに調べてるときにノンシリコンシャンプーというのも出て来て、こちらも普通のシャンプーより低刺激と見受けましたが、アミノ酸シャンプーとは別物でしょうか?

ノンシリコンやアミノ酸シャンプーは、界面活性剤が普通のより少なめなんですかね?すみません。どなたかわかる方 教えて戴けないでしょうか。

補足詳しい回答ありがとうございます!病院に行こうと思ったんですが、どこが専門の病院かわからない事と、保健がきかないという話を聞き、金銭的な事情で断念しました。

界面活性剤が総てに含まれていう事は知っていますが、どれが高刺激になっているかわからなくて;

アミノ酸のノンシリコンがより低刺激で肌に良いという事でしょうか?ネットでノンシリコンのアミノ酸系純緑茶シャンプーを見ました。肌に良さそうでしょうか?

閲覧数:
6,674
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

aut********さん

編集あり2011/2/819:22:32

抵抗があるかもしれませんが、
薄毛の根本的な解決は専門の医療機関等に
ご相談することをおすすめします。

さて、お使いのアミノ酸シャンプーが合成か否かに
ついてのご質問ですが、いくつか誤解なさっている
とお見受けしましたので、ご説明いたします。

「アミノ酸シャンプー」の「アミノ酸」は“洗浄成分”の
事を指します。この“洗浄成分”が俗に言う界面活性剤
のことです。界面活性剤にも種類がありまして、

【天然界面活性剤】 レシチン、サポニン、カゼインなど
【天然系(合成)界面活性剤】 石けん系、アミノ酸系、
脂肪酸エステル系、高級アルコール系など
【石油系(合成)界面活性剤】 高級アルコール系、
アルキルベンゼン系、アルファオレフィン系など

に分かれます。よく、界面活性剤が悪いという誤解を
されている方がいらっしゃいますが、界面活性剤抜き
ではシャンプーはつくれません。
“水”と汚れの大部分である“油”を乳化し(くっつけ)て
一緒に流すことで洗浄しているからです。

そして、上記にも記しましたがアミノ酸系界面活性剤は
「すべて合成」です。ただ、一般に頭皮や髪に良くない
とされる安価な市販品の多くに配合されている石油系
(高級アルコール系)界面活性剤とは違います。石油系
界面活性剤は洗浄力が強過ぎる(沢山水と油を持って
いってしまう)ので頭皮や髪を保湿できる最低限の油が
不足し、髪がごわごわになったり、乾燥によって頭皮が
炎症を起こしてフケやかゆみの原因になることがあります。
「ラウレス硫酸ナトリウム」が代表的な石油系成分ですが
違う名のついているものもあります。成分表示をみて、
「ラウレス硫酸~」と名のつくものがあれば石油系シャンプーです。

今お使いのアミノ酸シャンプーで問題なければ、
特に天然成分でなくとも問題ないと思います。
要は洗浄成分が強すぎる(高刺激)なことが問題なのですから。

次に「ノンシリコンシャンプー」ですが、
これは「シリコン」という成分が含まれていない
シャンプーをさします。よって「シリコン」は
洗浄成分とは関係ないため、アミノ酸系でも
「シリコン入りシャンプー」もあれば「ノンシリコン」
のものもあります。ちなみに石油系はほぼ入ってます。
この成分は髪をコーティングし、保湿する成分です。
安価で簡単に髪質があがったように見えるため、
石油系界面活性剤には入っていることが多い成分です。
ただ、一度頭皮や髪につくとなかなかとれず、頭皮の
皮膚呼吸阻害や髪からはがれる際にキューティクル
(髪の表層部分で栄養素や潤いを閉じ込める働きをする)
が一緒にはがれることがあり、皮膚の弱い人には
「ノンシリコンシャンプー」のほうがおすすめです。
また、シリコンは保湿成分としてシャンプーだけでなく、
コンディショナーやトリートメント、スキンケア用品にも
含まれていることがあります。地肌ニキビや肌荒れが
気になる方はシャンプーだけでなくこれらすべての
化粧品を一度ノンシリコンのものにしてみることを
お勧めします。

ちなみにシリコンはジメチコン、アモジメチコン、シクロメチコン
などが代表的です。これらの成分が成分表示に記されて
いれば、シリコン入り化粧品です。

≪補足回答≫

>病院に行こうと思ったんですが、
>どこが専門の病院かわからない事と、
>保健がきかないという話を聞き、
>金銭的な事情で断念しました。

よく分かりませんが「AGA」とかで
検索かければ出てくるみたいです。
ただ、確かに高額になるので、

●ストレスのかからない生活をする
●pm10~am2の間はできるだけ寝る
(この時間に髪のホルモンが分泌される為)
●青魚、わかめ、適度な牛乳・肉など
バランスの取れた食事をとる
(もちろんジャンクフードや加工食品はNG)

椿油やホホバ油でのヘッドスパやトリートメント
もおすすめです。

>界面活性剤が総てに含まれていう事は知っていますが、
>どれが高刺激になっているかわからなくて;

基本的には石油系でなければ大丈夫です

界面活性剤について参考HPを載せておきます。
微妙に宣伝はいってますが、ここまで詳しくまとめ
てある資料はあまりないので、シャンプー選びのご参考に。

「洗剤・石鹸・界面活性剤・アミノ酸シャンプー」
(3.界面活性剤以降)
http://andantelife.co.jp/shampooinfo/soap.htm

「界面活性剤低刺激性ランキング」
http://andantelife.co.jp/shampooinfo/ranking.htm

>アミノ酸のノンシリコンがより低刺激で肌に良いという事でしょうか?
>ネットでノンシリコンのアミノ酸系純緑茶シャンプーを見ました。
>肌に良さそうでしょうか?

その商品の成分一覧を見てみなければ判断できません。
ただ、シリコンについては個人的には使用上問題がなければ
大丈夫かな、と思っています
(ないと保湿成分の絶妙なコントロールが必要になるから)
香料や着色料(赤~号、青~号、黄~号など)
または防腐剤(フェノキシエタノール、パラベン)ははいっていませんか?

質問した人からのコメント

2011/2/8 19:25:26

石油系‥ラウレス~というやつが主にダメなやつでしたよね!純緑茶シャンプーには思いっきりフェノキシエタノールと着色料、香料が入っていましたorz残念です。

ああやはり‥‥ライフスタイルが1番ガンですね。後はストレス‥。思えば髪や地肌に悪い事ばかりして来ました;

これからは出来るだけ改善しつつ、シャンプーもなるべく低刺激なものを使っていきます。丁寧な回答をありがとうございました!^^

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる