ここから本文です

保釈の保証金の金額は、誰がどのような基準根拠で決めるのでしょうか。

chi********さん

2011/2/2118:45:12

保釈の保証金の金額は、誰がどのような基準根拠で決めるのでしょうか。

閲覧数:
1,362
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kaz********さん

2011/2/2118:52:59

保釈金は、勾留中の刑事被告人が保釈される際、
被告人が裁判所に保証金という形で裁判所に預けるお金のことです。
保釈金は被告人が釈放されることの担保として納めるものであり、
保釈後逃亡せずに公判期日に出頭すれば、裁判終了後に被告人に返却されます。
理由なく公判期日に出頭しなければ、保釈金が没収されます。

起訴されている刑事被告人は裁判の初公判までの間、
逃亡や証拠隠滅をする恐れがなければ勾留を解かれ、
様々な条件をつけられた上で保釈されます。
ただし、懲役が1年を超える見込みの重大な犯罪では保釈は認められません。

保釈金の金額は、裁判官が被告人の所得に応じて決定します。
釈放の担保となる性質上、一律の金額ではなく、
被告人にとって返還されないと困る金額が目安となり、
被告人の応じた額でなければならなりません。
例えば資産家の保釈金であれば億単位の高額である必要があります。
2010年現在過去最高の保釈金額は、
牛肉偽装事件で逮捕されたハンナン元会長の20億円となっています。

質問した人からのコメント

2011/2/21 19:08:51

なるほどですね。詳細をありがとうございました。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる