ここから本文です

確定拠出年金で、外国債券型ファンドと外国株式型てどっちが得ですか?

boboさん

2011/2/2612:20:43

確定拠出年金で、外国債券型ファンドと外国株式型てどっちが得ですか?

そもそも違いがよくわからないのですが・・・。

閲覧数:
5,831
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プーさん

2011/3/100:14:32

外国債券は外国の公社債に、外国株式は外国の企業の株式に投資するものです。どこに投資しているかは目論見書や運用報告書、実績推移表を見れば分かります。国債ならどの国(アメリカ、ドイツなど)に何%、株式ならどの銘柄(アップル、インテルなど)に何%か書かれています。儲けも損も大きいのは株式のほうです。さらに、外国ものは為替リスクも加わります。
どちらが損か得かは、実績推移表の設定来のファンド収益率を見れば過去については分かります(ただし、将来の実績を保証するものではありません)。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

boo********さん

2011/2/2617:00:33

リスクが高いのは債券型よりやっぱり株式型です。

質問者様のリスク許容度に応じて配分を考えられたらどうですか?

リスクを負って積極的に増やしたい → 外国株式型が多め(値下がりしたら大きくマイナス)

リスクは極力負いたくないが増やしたい → 外国債券型を多め(値下がりしても株式ほどではない)

こんなイメージでしょうか。

130アールさん

2011/2/2613:30:00

確定拠出年金の場合、税制上のメリットを活用して、
リスク幅の大きい方を選んだ方が得です。

この場合、外国株式型の方が得です。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo!知恵袋カテゴリ

一覧を見る

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる