ゴジラ・モスラ・キングギドラ大怪獣総攻撃」はご遺児ら映画史上最大の傑作だった。金子修介さん、やっぱりあなたは素晴らしい。

ゴジラ・モスラ・キングギドラ大怪獣総攻撃」はご遺児ら映画史上最大の傑作だった。金子修介さん、やっぱりあなたは素晴らしい。 最近の雑すぎるバトルシーンとは違い、迫力がある。 ゴジラ造形は、白目むいたゴジラなのに、ミレニアムゴジラとは違い、動きがあり、それでいて最高に怖い。 ゴジラのみならず、モスラ、キングギドラの異色な設定は妙に共感できる。 監督自身も脚本に参加している。そのおかげだろうか、第一作を意識したつくりになっていながら、それに縛られることなく、オリジナルを貫いている。監督の思いを強く感じられる作品に仕上がっている。 主人公たちや人間たちも、ゴジラの被害をもろに受けたりして、ヒーロー気取りな感じがしないのが嬉しい。 とまぁ、あまりにいい作品だったため、どういうことを書けばいいのか分からなかったので、とりあえずこの映画を観て感じたこの作品のいい所を、こうやっていろいろ挙げてみましたが、劇中はそんな理屈など抜きにして楽しめました。要は最高なのです。金子修介監督への盲目的な尊敬と贔屓は入りますが、僕の中では第一作を越える、100点以上のゴジラ映画です。 ハム太郎が面白くなかっただけに今までのゴジラ映画で一番面白かったように感じた。

映画973閲覧

ベストアンサー

1

質問者さんはこの作品に対する思い入れがことのほか強いようですね。 平成ガメラシリーズ三部作は、金子修介よりも特撮の樋口(と脚本の伊藤)ばかりがクローズアップされたような印象がありましたが、スタッフの違うこの作品で、実は「ガメラ」の成功には金子修介の力量がかなりの比重で占めていたことを証明されました。 他の平成ゴジラシリーズが、「怪獣映画などこんなものだろう」的な、どこもかしこも照明のあたった安っぽいペカペカの絵作りだったのに対し、きちんと画面に陰影を表現して奥行きのある画面を作る(最初に宇崎竜童が講義をするシーンですぐ違いがわかる)あたり、「本物の映画を作ってやろう」という気概を十分に感じます。 また、金子修介の特徴は人間描写にも表れています。平成ガメラシリーズ同様、リアリティのある人間描写と人物設計です。これがあるからこそ、空想性の強い怪獣映画というジャンルに説得力が生まれます。その点で、金子修介は東宝特撮映画の巨匠、本多猪四郎の直系であることがわかります。 ゴジラという存在自体に、他の作品にはない視点(「怪獣学入門」という書籍に掲載された、ゴジラを英霊の化身であるとする説を引用。この説によれば、怨念と化したゴジラは復讐のため東京は蹂躙するが、皇居を踏むことは出来ない。)を盛り込み、ある種のアカデミズムと「護国聖獣」という伝奇性を表現した設定も良かったと思います。 唯一気になったのは、クライマックスで新山千春が小田原からチャリンコでゴジラと一緒に移動してしまうところ。神奈川県出身者として、それはないだろう、と思ってしまいました。 金子修介はインタビューで、いちばん好きだった怪獣映画は「サンダ対ガイラ」だと言っていました。

1人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

平成ガメラシリーズは1部125万人2部95万人3部65万人です平成もすらシリーズは1部95万人2部75万人3部45万人でした GMKの240万人はVSシリーズ以来の怪獣映画では断トツの最高記録です ゴジラVSシリーズは平均360万人だったのでこの時代ならGMKは700万人を超えて金子監督は凄い金字塔を打ち立てたはずです 凄いですね金子監督 次はゴジラVSガメラでさらに巨大で強力なゴジラを期待しています

お礼日時:2011/3/6 19:55