ここから本文です

放射線の発生原理と 放射線が生物に及ぼす影響について よろしければどなたか教...

e26********さん

2011/3/1714:48:26

放射線の発生原理と
放射線が生物に及ぼす影響について
よろしければどなたか教えてください。

閲覧数:
1,099
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

kob********さん

2011/3/1715:40:32

原子核が安定な原子核に変化しようとするため放射線が発生します。またこのことを放射線崩壊、この性質を放射能と言います。放射線にはα線・β線・γ線があります。α線は高速のヘリウム原子核、β線は高速の電子、γ線は波長の短い電磁波です。α線は厚紙で防げ、βは1冊の本で防げます。γ線は数cmの鉛板で防げます。人体への影響なのですが、γ線は体内に深く侵入し原子や分子と相互作用します。そのため、細胞分裂の盛んな骨髄、リンパ節、生殖線などへの影響が大きいです。その他にも、放射線は電離作用があるため、細胞内の分子の結合状態を変えたり、生物の遺伝子の突然変異を引き起こすこともあります。ただし余談ですが、放射線は怖いという認識で、恐ろしいではありません。放射線は良い所もあり、上記の性質を利用しガン細胞を破壊させるガンの放射線治療などもあります。

質問した人からのコメント

2011/3/18 16:07:38

ありがとうございました!
新聞と照らし合わせて、内容理解できて、とても助かりました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる