ここから本文です

エンジンでスーパーチャージャーを使うとなぜパワーが上がるのでしょうか?

gur********さん

2011/3/2011:20:07

エンジンでスーパーチャージャーを使うとなぜパワーが上がるのでしょうか?

酸素量が多くなるからパワーが上がるのですか?

レシプロエンジンなどはピストンが下がると同時に吸気しますが、スーパーチャージャーを使うとなぜ出力が上がるのでしょうか?
圧縮空気は圧縮してもエンジンに入るまでの間に膨張して圧縮前の元の密度になってしまったりしないのでしょうか?

詳しく教えていただけると嬉しいです

閲覧数:
488
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mys********さん

2011/3/2012:18:10

まず、4サイクルエンジンの仕組みから説明します。
ガソリンタンクから送られたガソリンは、
1 キャブレター(排気ガスの関係で最近の車には少ない)やEFI(トヨタの場合の呼び名)によって、空気と混ぜられ、混合ガスとなります。
2 エンジン内のピストンが下がると同時に、バルブが開き、その開いたバルブから、混合ガスがエンジンのピストン内に吸い込まれる。
3 吸い込まれたら、バルブが閉じピストンがあがり、密閉されたピストン内で、あがったピストンによって空気が押し縮められる。
4 そこにスパークプラグが火花を飛ばし、圧縮した空気に火をつけます。混合気は空気と混ざって爆発しやすくなっているので、爆発を起こし(爆発行程)、ピストンを下に押し下げます。
5 そして、再びピストンがあがると、バルブが開いて爆発した後の空気がピストン内から排気ガスとして出て行きます。

スーパーチャージャーは、上記の1と2の間にブロワーと呼ばれるプロペラ状のものを取り付け、それをエンジンのピストン軸からベルトでつなぎ、機械的に回転を取り出し、ブロワーを回転させ、混合気をたくさん送り込みます。混合気が濃ければ濃いほど、爆発力が強いのは当然なので、そうなれば当然エンジンのパワーもあがります。
ターボは、5の後出た排ガスの流れを利用し、プロペラをまわし、そのプロペラの反対側の先が1と2の間についているので、同じように混合気がたくさん送り込まれるようになり、パワーがあがります。
機構上の関係から、タコメーターの低回転域ではスーパーチャージャー、高回転域ではターボが有効になります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

pit********さん

2011/3/2214:42:41

自然吸気エンジンはピストンが下降するときの負圧で吸気しているので、どんなに効率よく吸入してもシリンダーの排気量より多い空気は吸い込めませんが、スーパーチャージャーやターボチャージャーなどで吸気を圧縮して過給してやれば同じ体積でも圧力が高い分、密度が高い=酸素量が多くなります。

tit********さん

2011/3/2014:19:32

燃料を燃すエンジンは、時間当たり出来るだけ多く燃料を燃せるエンジン程、出力が大きくなります。燃料を多く燃すには、それに比例して酸素が必要です。酸素(空気)を多くエンジン内に取り込むには
①排気量をアップ:大排気量のエンジン程馬力が大きい
②回転数をアップ:
レース用のエンジン等
③無理やりシリンダーに空気を押し込:
ターボ等の加給器付エンジン
④空気は冷やし密度を上げてシリンダーに入れる:インタークーラー付ターボ
以上です。

tes********さん

2011/3/2011:35:43

簡単に説明します。(ごめんね)

燃焼には燃料+空気が必要です。

燃料だけ供給しても出力はあがりません。よって空気を圧縮して強制的にエンジンに供給します。
(圧縮しないとエンジンに入りません)

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる