ここから本文です

確定申告は利益が20万以下なら出す必要がないので個人事業する人は個人事業の開業...

the********さん

2011/3/2114:52:51

確定申告は利益が20万以下なら出す必要がないので個人事業する人は個人事業の開業届けもだす必要ないのですか?

補足税務署の人には20万以下なら開業届けは出さないでいいと言われたのですが・・・

閲覧数:
11,200
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

psa********さん

編集あり2011/3/2118:57:51

補足について

他の方が書いてくださっているので、届けと確定申告の違いは割愛します。
(届けを出さなくても、申告は出来ます。)

例えば、売上100万で経費が80万、利益が20万として。

開業届けを出して青色申告すると、
収入100万-経費80万、青色申告の控除65万、よって課税額0円。

出さないで白色申告すると、
収入100万-経費80万。よって課税額20万。

そりゃ、税務署の人は出さないでいいって言うわ・・・。笑

もしくは、「開業届け出して無いですね。これは事業ではなく雑所得では?」って・・・課税額が100万になったりして。
開業届けを受け取らせるのは、事業所得だと主張する根拠でもあります。


言われたから・・・なんなのさ!!しっかりしなされ。。

-----------------------------------------

質問の前提に誤解があります。

年間20万円までの収入に申告が必要無いのは、雑所得です。雑所得には、経費という概念はありません。

で、商売をやる方はこういった収支を事業と見なす(開業届けを出す)ことで、雑所得を事業所得として扱うようにして、収入(売上)から経費を差し引けるようにします。そうすると、この差し引いた後の利益というのは、雑所得ではなく事業所得という区分になりますので、例えばこの額(事業所得)が20万円以下の場合でも申告は必要になります。

なので、売上が20万円以下の場合には、雑所得として申告しないことを選択することが出来る。経費を引くなら事業所得にするために開業届けを出して事業所得と見なす必要がある、ということです。

詳しくは、所得の区分というキーワードで検索してみてください。

質問した人からのコメント

2011/3/28 00:27:36

感謝 詳しいお答え有り難うございました

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

yea********さん

2011/3/2118:15:32

確定申告と開業届出とは意味が異なります。
確定申告は所得税を納税する必要のある人が年間の収入に対して
所得税を算定して納税することです。
確定申告する必要が無いからと言って届出する必要が無いということにはなりませんよ。
個人事業する人が開業届出を出すのは税優遇を受けられるからに過ぎません。
かなり面倒くさいのと知らないのでいる為に、提出していないだけです。

adg********さん

2011/3/2114:59:41

20万以下ってサラリーマンの場合ですね
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm
それに利益じゃなくて売上かもね

継続して事業するなら開業届けは必要だよ
事業じゃなく臨時の雑収入なら必要ないと思うけど、、、、

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる