ここから本文です

遺伝型の薄毛(AGA)について

f1_********さん

2011/3/2123:22:35

遺伝型の薄毛(AGA)について

AGAは一般的に成人後が多いようですが、未成年でもなりうるのでしょうか?


有効な薬「プロペシア」以外にも有効な薬、また薬なしで治療できる方法はあるのでしょうか?


理由も添えていただくとありがたいです。

閲覧数:
409
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mic********さん

2011/3/2201:37:43

思春期以降の男性であれば、未成年でも発症する可能性はあります。AGAは体内の善玉男性ホルモンがDHTという悪玉男性ホルモンに変わってしまい、そのDHTが脱毛の原因となります。現時点で、そのDHTの発生を抑制できるものは、プロペシア(の成分フィナステリド)しかありませんので、AGAにはプロペシアなどのフィナステリド薬を服用する以外に手の打ちようがありません。こちらは全く現実的ではありませんが、睾丸を摘出すれば善玉男性ホルモン自体が分泌されなくなるので、結果DHTは発生しようがなく、AGAの進行は止まります。結局はプロペシア服用が唯一有効な最善策となりますね。

質問した人からのコメント

2011/3/22 09:55:38

成功 なるほど

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる