ここから本文です

インクジェットプリンタ(複合機)についてメーカーごとの特徴を教えてください。 ...

えぬわいさん

2011/3/2223:20:58

インクジェットプリンタ(複合機)についてメーカーごとの特徴を教えてください。
プリンタの買い替えを検討しております。メーカーごと似たり寄ったりで決めかねております。皆様の経験、知識を参考にさせて下さい。

主な用途は写真印刷。スキャナの付いた複合機だと良いのですが、可能であればレーベル印刷も出来るもの。
使用しているカメラはニコンD90です。モニタとの相性、好みでも左右されるでしょうが、撮ったときの印象を出来る限り忠実に再現でき、写真のレタッチは殆どしないので撮ったままの色が再現できる事を優先します。
モニタは非光沢のものを使用していますが、写真等に特化した物ではありません。
予算については際限無し。とは言え4万円くらいが上限かと…。
印刷できる用紙サイズについては、A4以上。

以前、店頭でCanonの営業の方にはこの条件でメーカーはCanonとhpを勧められました。顔料インクも色が増え、色再現度が高くなってると伺いましたがこれについてはいかがでしょう?メーカーごとの特徴を交えて説明して頂けると幸いです。

要望が多くわがままかも知れませんが、長く使うものです。吟味して購入したいので、どうか力をお貸しください。よろしくお願いいたします。

閲覧数:
4,901
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

プロフィール画像

カテゴリマスター

a12********さん

2011/3/2302:07:55

プリンタの修理屋です。

大きな思い違いがひとつ。

「長く使うものです。吟味して購入したいので」・・・残念ながら、現在のプリンタで、そういう要望に沿えるものは非常に少なくなりました。
どこのメーカーも毎年秋に新製品を投入しますけど、コストダウンが激しくなり、耐久性も落としているのが現状。
さらに、サポート期間が生産終了後5年程度に短縮化されています。
壊れても修理に出すユーザーも激減していますので、仕方ないことなのでしょう。

ただ、純正インクを使って、メーカーが想定した条件で使えば、メーカーの想定異常荷使える機種は多くなっています。
機械的な耐久性は落としていますけど、想定どおりの使い方であれば、そのデメリットが出にくいような上手い作りになっています。

ただ、使用目的自体の問題はありますね。
レタッチもしない、撮影時の印象を忠実にと言われましても、カメラの特性も入ってきますしお勧めのしようがないですね。

実を言えばご予算も中途半端。(幅はあるようですけど)
プロ用といわれる高級なプリンタは5~8万円くらいが相場。ただし、こういった機種は画像の補正を積極的に行うときに対応できる範囲が広いのが特徴ですから、レタッチはほとんどしないといわれるのでしたらあまり意味はないですね。
発色の特性をさておいて、機能の面だけなら2万円台で充分でしょうね。
そういったことも含めて、当てはまる機種は無いということになります。

いくら、充分な性能と言っても、価格が半分で手に入るとすれば、信用しにくいですよね。


CanonにしてもEPSONにしても売れ筋機種のセカンドグレードというのが堅いところでしょう。
キヤノンならMG6130、EPSONならEP-803Aのあたりでしょうね。

どちらも6色のプリンタということで、良く比較されるライバルなのですけど、本当は簡単に比較できないほど正確が異なる2台です。
例外はあるのですけど、一般的には普通紙で染料インクを使うと滲んでしまい黒い文字がくっきりと黒くならないです。
逆に写真の場合は、染料インクを使って、使用する用紙の性能を有利に引き出すという考え方です。
キヤノンは染料の5色のインクと普通紙用の顔料ブラックを装備した6色で、常時使えるのは5色になります。

エプソンは基本の4色の染料インクに写真用のライトインク(ライトシアン、ライトマゼンタ。どちらも染料))を装備した6色です。

イメージとしては染料6色のエプソンが写真向き、キヤノン派オールマイティというイメージです。

ただ、常時6色を使うわけではなく、写真のときはライト系のインク、普通紙の場合は普通のインクを使い分けているという話もあり、常時4色という話を聞きました。
そうなるとキヤノンのほうが使用するインクが多い分表現の幅が広いという事になります。

でも、ユーザーは”キヤノン派”、”エプソン派”と固定してしまったような感じもあり、冷静に双方を比較できる人も少ないでしょうね。
そういう私もキヤノン専門ですけどね。

また、用紙の差による発色のさもびっくりするほど大きいです。
知り合いのカメラマニア(セミプロですね)は、可能な限りいろんな用紙を試し、ベストの用紙を決めたとか。
別の知り合いのセミプロは、悩んだ挙句20万のモニタを買っていました。
その直後に使い慣れたニコンの一眼レフを手放して、キヤノンの2000万画素を入手していました。とても付いていけない世界です。


考えるべき項目は山ほどありますね。

質問した人からのコメント

2011/3/28 21:13:53

お二方、丁寧なご回答ありがとうございました。
前使っていたものがEPSONのもので7年近く使用していたので、長く…と思っていましたが、新しいものが早く欲しくてEPSONのEP-803Aを購入してしまいました。買ってすぐなのにCanonにしておけばと後悔している今日この頃…。求めているものは確実にCanonでした。
次回は吟味して購入したいと思います!
お忙しい所、本当に分かりやすいご説明ありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

yuu********さん

2011/3/2801:03:01

a123acngさんにまったく同意見です。
CanonのMG6130をお勧めします。

なので、ちょっと補足程度を書きますね。
よく言われるのが、エプソンは鮮やかな色で、悪く言うと補正が強く印刷されます。
キヤノンは原画に近い見たままの色で、悪く言うと若干暗めで(?)印刷されます。
店頭に行けば実際にその機種で印刷した物がありますので、自分の目で確かめてみてください。
SDカードにお気に入りの写真を入れていき、店員さんの許可を得て、それをエプソンとキヤノンで印刷して比べてみるのもいいでしょう。

インク面ではMG6130にはプロ向けにも使われるグレーインクを採用していて表情豊かな仕上がりが可能ですよ。
グレーってなかなか難しい色なんですよ。
エプソンはライトシアン・ライトマゼンダで細かいグラデーションが得意ですね。
ただ、キヤノンの上位機種はインクを間引いて噴射することでシアンでもライトシアンと同程度のことができるようになっています。
顔料インクですが…写真用紙には向かないですね。
店頭にエプソンの看板で顔料インクの機種で印刷した写真と染料インクの機種で印刷した写真の比較がありますが、全然違います。
写真のモデルの子の髪の色が、染料では黒で、顔料では茶色で印刷されていました。びっくりです。笑

hpはいろいろな機能がついて本体価格が安いのが魅力ですが、印刷の質を求めるのであればちょっと控えておいた方が良いと思います。
キヤノンの営業の人はエプソンにシェアをあげたくないのでhpを勧めたのでしょう。(ほんとにエプソンとキヤノンの仲は凄まじい物があります)

話がそれますが、MG6130のもう1つ上の最上位機種MG8130はフィルムのネガが読み取れる機種です。
写真が好きで昔のフィルムをお持ちでしたらそちらも検討してみてはいかがでしょうか?
印刷技術はMG6130と変わりません。

いろいろと書きましたが店頭に行って自分の目で見極めてきてください。以上です。笑

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる