ここから本文です

高校2年 海外の高校への編入について考えています。

usanekokuboさん

2011/4/218:43:14

高校2年 海外の高校への編入について考えています。

日本の高校を中退して海外の高校に編入したいと考えています。


海外の高校を卒業し、帰国して日本の大学(GMARCHくらいのレベル)に入学することは
可能ですか?
また海外の高校を留学して海外の大学に入りそのまま海外で就職することはできますか?


海外の高校編入についてのメリット・デメリットを教えて下さい。



私は将来海外で仕事をしたいと思っています。
海外駐在員の永久版のような仕事はありますか?


質問ばかりですみません。わからないことがたくさんあります。
留学や編入、海外駐在について教えて下さい。

閲覧数:
7,396
回答数:
3
お礼:
100枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jyuiti88さん

2011/4/220:40:43

今、高校2年生だと、9月に留学して2年間の高校生活ですね。私立高校に行く事になりますから、費用が年に300~400万円かかります。ホームスティは当たり、はずれが多く、私立の学校で全寮制の学校になります。
現在の英語力によって、方法が随分と変わりますね。
2年間で英語をものにして、学校の成績もオールAに近ければ、希望の大学に入学出来るでしょう。
でも、4年制の大学を出ただけでは、海外の就職は出来ません。
大学院を出て、何か専門の資格を獲らなくてはなりません。

卒業後、日本に帰ってきた場合は、5~6月卒業になりますから、半年間のブランクがありますから、
1年間 浪人した事になります。
その間に、帰国子女枠での入学を、目指します。
これも、貴方の実力次第、どこに受かるかは、分りません。

どうしても留学して、勉強をしたいのなら、先ずは日本の高校を卒業しましょう。
その間、2年間ありますから、TOEFLの勉強をして、iBT80を獲りましょう。
そして4年制の大学に留学し、その後に大学院を修了して就職。
この方法が良いと思います。
どちらにしても費用が、かかりますよ。
大学4年間で1400万円、大学院2年間で1000万円 合計2400万円
日本の国立大学に入り、卒業後に海外の大学院に入ったほうが少し楽ですね。
どちらにしても、長い間、頑張って勉強しなければ、到達することは出来ません。
是非、頑張ってください。

質問した人からのコメント

2011/4/7 17:29:55

降参 それぞれの質問に対して詳しい回答ありがとうございます。
まずはTOEFLの勉強をしてみようと思います。
たいへん参考になりました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

プロフィール画像

カテゴリマスター

2011/4/300:18:49

既に高2だと遅いですね。
海外の高校への編入は、英語の試験やビザの取得など手続きが面倒です。これから準備しても半年以上掛かります。
編入できるのは早くて今年9月、遅ければ来年9月(オーストラリアは1月)でしょう。
また、普通の日本人高校生の英語力では、ESLという英語の補習クラスを必ず受講させられますし、高1くらいへ学年を落とすように言われることもあります。
卒業できるのは20歳くらいになる可能性が高く、逆に遠回りになりますよ。

それなら、高校の間に英語を頑張って勉強してTOEFLやIETLSをクリアし、海外の大学へ進学することをお勧めします。
http://www.canadainternational.gc.ca/japan-japon/study-etudie/index...
http://www.fulbright.jp/study/index.html
http://study.australia.or.jp/
http://www.educationuk.org/bc/Japan/Page/HomePageLayout/Home

ただし、英語圏の大学の1年分の留学費は安く見積もっても250~300万円(イギリスは400万)は掛かることを覚悟してください。可能な奨学金はJASSOの貸与奨学金のみ、月12万円までです。
http://www.jasso.go.jp/study_a/oversea_info.html

海外で永住して働くのは、現地の企業に就労ビザと永住権の保証人になって貰って就職する「現地採用」になります。
どこの国も移民を制限しているので、外国人は就労ビザや永住権は簡単には取得できません。ビザが貰えるのは現地で不足している職種の専門職・技術職のみです。

よって、大学では現地就職しやすい専攻を選ぶことが重要です。大学院まで卒業すると専門職として認められやすく、現地就職できる確率は高くなります。エンジニア、IT技術者、研究者、会計士、金融関係などは海外でも比較的就職しやすい分野です。
アメリカとイギリスは就労ビザの取得が難しいのでお勧めしません。カナダとオーストラリアは個人技術者移住制度がありますし、未だ移住しやすい方です。でも、どんどんと厳しくなってきています。
http://www.interq.or.jp/tokyo/ystation/

Good Luck!

2011/4/223:45:46

子供が留学しています。当たり前ですが現地では全部英語の授業になります。なので、まず英語の授業に付いて行けるようになるのが、とても大変だと思います。高校のボーディングスクール、私学に入るには入試があります。中1の入試で既に大体20分で800ワードぐらいのエッセイは書けることが当然です。
数学の入試もどの辺りまで出来るかを見るために、日本の小学校高学年レベルから、高校3年ぐらいのレベルが要求されます。(学校によって違うかもしれませんが・・・)どこまでチャレンジして、正解が得られるかが採点基準になるようです。

帰国子女は最低2年ですので、募集要項をよく読まれると良いと思います。それから、海外の高校を卒業しても、日本の大学受験資格は有りません。2年間のIBコースに通えば、法律改正により海外の高校卒業資格も得られるようになりました。
ただしGMARCHのレベルだと40点以上(全てAとB)は必要です。
また、イギリスはIBコース取得者は飛び級で入学が出来る大学も多くあります。他の国の大学の受験資格も得られます。
その辺りの計画を練られた方が良いと思います。もちろん、海外の私学は日本よりも環境は整っています。
海外の大学に進む学生は、みんなビジョンを持っています。将来に付きたい職が決まっているのです。日本のように、単に大学を出て、どこに就職しよう???と言う学生は殆ど居ません。

高校編入のデメリットは授業に付いて行けるか、環境になじめるか、等々です。
メリットは努力次第ですが、日本人と固まって行動していなければ、語学は堪能になります。
友達に外国人が居れば、なおさらその友達の母国語もだんだんと覚えられます。
我が子は既に中国語、英語は堪能です。今はロシア語、スペイン語を友達に教えて貰っています。

海外で就職をしている友人もたくさん居ますので、可能だと思いますよ。
頑張って下さい

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。