エヴァ アスカの性格が悪い理由は何ですか?

アニメ6,697閲覧

ベストアンサー

7

7人がナイス!しています

ThanksImg質問者からのお礼コメント

みなさんありがとうございました~♪

お礼日時:2011/4/8 22:56

その他の回答(5件)

2

アスカの母親 キョウコ・ツェッペリンに関係しています。 キョウコはエヴァ弐号機の開発に関わっており、その過程で弐号機のコアに魂の殆どが移ってしまいました(シンジの母親 ユイの魂が初号機のコアに入ったのと同じと思ってください)。 ユイと違ってキョウコは体は残りましたが、その体には魂は殆どなく、別人と言っても差し支えない状態にでした。 アスカのトラウマはそんな母親に幼いころ首を絞められたり、人形を自分と思われて、自分に接してくれず、最終的に自殺したところにあります。 アスカの性格の悪さは、そんな母親に自分を見て欲しいためにエヴァのパイロットの訓練を頑張ったり、母親の死後の父親や後妻との不和、「私は子どもじゃない」「一人でできる」といって他人からの助けやコンタクトを拒み続けた結果です。 しかし二次創作の作品でもアスカの性格は良くはありません。 アスカの根本の性格が勝ち気で自信過剰な面が出過ぎているので、アスカの性格は多少悪くあります。

2人がナイス!しています

1

補足しますと、アスカの母親キョウコ・ツェッペリンがおかしくなってしまった理由は、弐号機のコアに魂のほとんどを「インストール」してしまったからです。アスカを殺害しようとしたのはその抜け殻だったわけです。旧劇場版でアスカはその事に気づきます。 ちなみに漫画版「碇シンジ育成計画」ではキョウコは健在です(おっとり天然系の巨乳美人です)が、やっぱりアスカの性格は悪いです(笑)

1人がナイス!しています

0

アニメでは確か父親がいなかった。 母親が精神的な病で、エヴァのパイロットに 選ばれたかなんかで喜んで帰ったら母親が自殺していた ではなかったかな?

0

(ソウルイーター)エクスカリバーとの会話が彼女を歪ませた‥

2

確か親が早くにいなくなり自分一人でなんでもやらなきゃいけなくなったからだったと思います 多分スペック高いからほとんどの事は出来ちゃって、それがむしろ悪循環…みたいな? 多分ツンデレだからっていうのも有るw

2人がナイス!しています