ここから本文です

リリィ・シュシュのすべて(ネタバレあり)について

was********さん

2011/4/713:36:06

リリィ・シュシュのすべて(ネタバレあり)について

結局、リリィ・シュシュの事を書いていたネットの「管理人」は主人公の男の子で、「青猫」は最後に刺された少年という事ですか?
最後にコンサート会場の外で主人公の少年は青リンゴ(青猫のアドレスが書かれた)を持たされて、「管理人」が現れるのを待たされます。
主人公の男の子が「管理人」だったら、青猫のメールアドレスを見た時点で気が付きます。(気が付いた感じが映画でも描かれていた)
それでも、暫くは誰かが来るのを待ち続けていたと思います。
それは「管理人」では無かったから、青リンゴを持って待つ意味を知らなかったからでしょうか。それとも、チケットを捨てられて会場に入れなかったから、ただボーとしていたということでしょうか。

質問とは関係ありませんが、マル坊主になった伊藤歩さんがとてもきれいで涙が出ました。

閲覧数:
5,437
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

moy********さん

2011/4/714:21:22

管理人=主人公で、青猫=刺された少年(星野)で合ってますよ。
結構前に観たのでうろ覚えですが、主人公は青リンゴを渡されたことで青猫が星野であることを知って呆然としていたのでは?
ネット上での青猫との交流で励まされていたのに、その相手が自分をいじめている帳本人だとは考えもしなかったでしょうから、その分衝撃も大きかったんだと思います。

質問した人からのコメント

2011/4/7 14:56:43

笑う ありがとうございます!
やっぱりそれで間違いないですね。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる