ここから本文です

アイゼンハワー大統領の評価ってどうなんですか? 大統領になる前は第二次世界大...

zol********さん

2011/4/1211:52:34

アイゼンハワー大統領の評価ってどうなんですか?
大統領になる前は第二次世界大戦の連合軍最高司令官として有名ですが、 大統領としてのアメリカでの評価はどんな感じなんですか?
大統領としては少し影が薄い感じがします。
アイゼンハワーの功績などがあれば教えてください。

この質問は、活躍中のチエリアン・専門家に回答をリクエストしました。

閲覧数:
5,836
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

mas********さん

リクエストマッチ

2011/4/1213:29:22

自分はアイゼンハワーが結構好きなんですが、彼の醍醐味は恐らく「必要なことだけをした」ということではないでしょうか。まさに歴代のアメリカ保守本流を地で行く感じで、それまでのFD.ローズヴェルトやトルーマンと比べると対照的です。しかし、一貫して人気があったそうです。

国内経済は政府ではなく、自由な競争によって発展させるべきだと言う考えから、国内政策にはほとんど興味を持たなかったと言われています。しかし、一方で自身のアメリカ大陸横断に何日もかかったという経験から連邦補助高速道路法を成立させて、アメリカ国内の幹線道路網を整備する公共事業を行いましたが、これは日本の幹線道路整備計画にも影響を与えたようです。また、アーカンソー州での黒人の高校入学を白人過激派による襲撃が起こるとして知事が拒否した事件でも、陸軍を派遣して黒人を護衛したなど地味ですが、必要な時にはしっかり政策を行っています。

彼の関心は外交政策ですが、これもどちらかと言えば「必要なところに必要な同盟を築いてソ連に対抗する」という考えで、ジョージ・ケナンの影響を受けて封じ込め政策を進めました。例えば、米韓相互防衛条約、米華相互防衛条約、バグダード条約機構(METO)、東南アジア条約機構(SEATO)、日米安保改定などです。他にもNATOに西ドイツを加盟させたりしています。また、むやみやたらにソ連を挑発することはせずに、「雪解け」の時期を現出しました。例えば、ジュネーヴ四巨頭会談、キャンプデーヴィットでの初の米ソ首脳会談などです。またフルシチョフに対して核兵器競争の停止を持ちかけています(結局、それらはU-2偵察機撃墜事件などで失敗しましたが)。

自分が一番感心しているのは、第二次中東戦争(スエズ戦争)での対応です。国内ではイスラエルロビーがいて、アメリカにイスラエルを支持するように迫る圧力もあったのですが、毅然とした態度でイスラエルとアラブ諸国双方に圧力をかけて戦争が第三次世界大戦に発展しないように尽力しました。さらに、退任間際にアメリカが世界に手を拡大しすぎて軍産複合体がいつかアメリカの自由と民主主義を蝕むことを率直に国民に語ったのも、そのまっすぐな保守さ加減を表していて好感を持っています。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

「アイゼンハワー」の検索結果

検索結果をもっと見る

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

cre********さん

編集あり2011/4/1221:17:51

一言で言うなら、「機会に恵まれた人」だろうと思います。
誤解の無い様に言い添えれば、能力が有っても機会に恵まれ無い人が居る一方、彼の様に能力以上に機会に恵まれる人も居ると言う事です。
戦前戦中の米陸軍に在って、マッカーサーの存在には
圧倒的なモノが有っただろうし、パットン、ブラッド
レーの様に軍事指揮官としては、彼よりも"上手"の将
軍達が少なからず居た事も確かです。

にも拘わらず、彼が西ヨーロッパに於ける全連合軍の
最高司令官に成り得た理由を考えて見ると、政治的判
断が出来た事、軍人にしては比較的明るいキャラク
ター、対人関係で敵が少なかった事等、"非軍人的要
素"に因る所が多かった様に思います。"威風辺りを払
う雰囲気"のマッカーサーとは、正反対だったと言って
良いでしょう。

大統領としてのアイゼンハワーは、"ゴルフ好き"と言
うのが当時の国民一般のイメージだった様です。
確かに内政外交供に、副大統領のニクソン(当時として
は最年少の)が仕切って居る様な感が有ったのも事実
だった様ですが、要所(特に軍事的判断)に在っては彼
自身の判断も有った様です。

アメリカ国民一般の評価と言うのは、人種・世代・階
層・政治的立場に因って可也の開きが在ると言わ非る
を得無い所が在りますが、一応"中産階級の比較的保守
的な年配の白人層"と断った上で言うなら、「アイゼン
ハワーの時代は概ね良い時代だった。」と言うのがイ
メージな様です。'50年代のアメリカは、次世代に成っ
て噴出して来る"矛盾"が、未だ表立って見えた時代で
は無かったので、"或る種の人達"にとっては、ノスタ
ルジーを誘う所が有るのだろうと思います。

「アイゼンハワー時代」と言うのは、其の様な回顧感
情を引く一方で、"赤狩り"がやがて"マッカーシズ
ム"と言うヒステリックな"魔女狩り"にエスカレートし
て行った時代でも在ったし、今でも何かと引き合い
に為れる"ローゼンバーグ事件"が、世界的な議論を呼ぶ形で"決着"したのも、この時代の事でした。

(| …o±\o

yam********さん

2011/4/1213:57:20

「将に将たる器」というのは彼に当てはまる面もあり、自分ではたいしたことはしないが、有能な部下をそろえ充分統御できる、統率者でした。古き良き時代でもあり、パクスアメリカーナのトップにいる家父長のように、慕われ人気者でした。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる