ここから本文です

建築費用の追加を迫られています。

cer********さん

2011/4/1309:11:31

建築費用の追加を迫られています。

知り合いがダンススタジオ(18坪)を建てています。 何かと追加料金を請求されているようです。見積書を見せてもらったら どんぶり勘定としかいいようのないものでした。図面も素人の私が見ても???というようなものが3枚あるだけです。
契約時に 見積り以上の支払いはできないと言ってはいましたが 実際工事が始まると 消防?の許可がおりないと サッシの交換に90万の追加を言われたそうです。(携帯電話で) それについて口頭で返事をしてしまったようです。 その他にも40万ほどの追加を言われているようです。 支払える金額でなくなってきているため それを理由に工事を一時ストップしてるようですが 今後 どのようにすればよいのか どうアドバイスしたらよいのか・・・ このまま追加分も支払って完成するしかないのでしょうか。 心配です。

閲覧数:
569
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

gar********さん

2011/4/1311:07:10

一般の建築請負は基本的には定額請負として
建設工事請負契約(簡単に言えば注文)を締結する。

隠ぺい部(隠れた場所)などで未確認などから
工事代金額を定めることができない場合には
おおよその金額にする場合があります。
概算請負と言い、条件等を明確にします。

おそらく今回のような契約の場合、定額請負と
想定しますが、契約時に想定できない事情の
発生等も追加請求が可能な場合があります。

今回質問にある消防法等による防火サッシ取り付け等は
見積段階で十分調査できる範囲でもあり、追加請求できる
範囲ではないと思います。

工事を一時ストップするような強硬手段を相手がされているなら
消費者センター並びに弁護士への相談を進めます。

当然、追加費用の撤回ど同時に不正ストップ期間の遅延延滞の
請求も含めて行いましょうね。

質問した人からのコメント

2011/4/13 22:34:39

降参 ありがとうございました。 本人には第3者に入ってもらい 解決するよう伝えました。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる