ここから本文です

有限のところ株式で登録すると

asortfxさん

2011/4/1711:48:56

有限のところ株式で登録すると

株式会社、 有限会社はどうやって調べられますか?
で質問しています。

主人の実家が店をやってますが
株式会社か有限会社かわからないというのです。

自分の店なのにわからないとはどういうことなのか??

小さな店で、身内(親戚)が3人 一般から2人(いまはリストラして1人)です。会社起こしたときは、さらに身内(親戚が2人多かった)
みたいなので、話をきくと有限会社だとばかり思っていましたが、

会社おこすときに 税理士 弁護士の進めで
表向き株式会社で登録して、実は有限会社だったのかもしれないとか言うので気になっています。

親が会社おこして、店のことはぜんぜん教えてくれず育ったので詳しいことはわからないそう。
今は義理兄がついでいます。
店のことには口出ししたくないようで、調べようともしません。

金銭面で困ったとき 株式を個人で買い主に株を買ってもらおうと工面していた記憶はなく
銀行までに融資をお願いしていた親の姿は見たことがあるとのこと。(話を聞くと

(質問その1)
株式会社って 銀行にまかせて、株主募ることができるのですか?
だとしたら株式会社の可能性もありますよね?
でも普通に経営メンバーだけみたら、親戚ばかりなので、誰がみても有限会社だと思います。
(質問その2)
税理士 弁護士の進めって
有限のところ株式で登録すると
どういうメリットがあるのですが?

義理兄(店ついだ)と主人(サラリーマン)は 店のことに口出しする間柄ではなく
やいのやいのいうと 折り合い悪くなります

法人税の申告書をきづかれずに取り寄せることはできますか?
他県から書類取り寄せると わかりますよね?

実際 気になってるのは主人より私です

有限のところ株式で登録すると
どういうメリットがあるのですが?
というのが 一番 気になっています。

自営業って、交際費の名目で、家族で食事いって、会社の付き合いのように請求して、おいしいことしてるみたいなので
やっぱそういうおいしい 思いができたりするってことですか?

方針的には、そういう悪事を外部に漏らされるのがいやなので、身内でかためているようだとも聞きました。
ほかに
有限のところ株式で登録すると
どういうメリットが考えられますか?
主人はそんなのどっちでもいいみたいで 円満に家族付き合いをすることに重きをおいています。

登記簿謄本は分家した義理兄が継ぐことに決まった店のものを取り寄せることはできるのでしょうか?
あとあと ばれると 詮索

補足有限会社ってたしか親戚5人以上で起こす?株式会社は株を買ってもらって運営する?じゃなかったですか?間違ってたらすみません

閲覧数:
1,285
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

2011/4/2215:07:07

法務局で履歴事項全部証明書とか印鑑証明でもなんでもいいので公的な証明書をとってください。

有限会社○○と書いてあれば特例有限会社という名の株式会社です。
※すでに有限会社は新規に設立できず、今ある有限会社は、特例で有限会社という名がついた株式会社になっています。
普通の株式会社に移行したいときは、会社名の変更登記をすれば移行できます。

株式会社○○と書いてあれば普通の株式会社です。

この質問は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

kmasnaeさん

編集あり2011/4/1712:47:54

根本的なところに誤解があるように感じます。

「最初、有限会社をおこすつもりだったけど、いろいろ話あって株式会社で登記をした」
⇒ これは、株式会社です。対外的にも実質的にも。
どう登記されているかがすべてです。

ですから、法務局で全部事項全部証明書、もしくは履歴事項証明書をとるとよいですよ。
もしくは、中身を確認したいだけでしたら、ネットでもおこなえます。
インターネット登記情報提供サービス
http://www1.touki.or.jp/gateway.html
お手元にクレジットカードをご用意の上、ご利用ください。
利用料は397円。

有限会社は身内だけの会社・・みたいな考えをおもちではありませんか? 有限会社も株式会社もそのような縛りはありません。



補足をみて)
有限会社の場合、確かに公募はできませんでしたが、発起人が親戚関係にある必要なんかなかったですよ。
それに取締役が一人いればOKで監査役はいてもいなくてもOKでしたから、1人でもおこせました。
仲の良い友達二人が発起人となって有限会社をおこす(出資者は2人)とかそういうこともできなくはなかったです。

株式会社だって、公募もできますが、公募しなければならないわけではないです。
ただ、株式会社の場合、今と違って、昔は取締役3人以上・監査役1人以上が必要でしたから、役員になる人を最低4人確保しなければならなかったです。
でも、役員の数=株主の数ではありません。
仲の良い友達二人が発起人となって株式会社をおこして(株主は2人)、残りたりない人数の役員に家族になってもらう・・なんてこともできましたよ。
(もっとさかのぼると、発起人が7人必要だった時期もありますが。。)

昔は最低資本金制度があったので、株式会社ならば最低でも1000万の資本金がある・・といったことで多少有限会社より社会的信用度が高かったかもしれませんが、それも仕事の中身しだいです。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

5文字以上入力してください

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。