ここから本文です

親が離婚すると子供の性格形成に何か影響ありませんか?

han********さん

2011/4/1909:29:35

親が離婚すると子供の性格形成に何か影響ありませんか?

閲覧数:
39,938
回答数:
8

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cdg********さん

2011/4/2005:15:46

sakurasaku9024さんの回答に激しく同意します。
私は4歳のころに両親が離婚しました。母親と姉の3人暮らしで育ちました。
両親は離婚したあとも私達姉妹を第一に考えてくれたため、いまだに父親家族(父は再婚したため奥様と異母妹がいます)とも仲が良くて交流があります。現在の父親の奥様も含め旅行に行ったりもします。(たぶん少数派)もちろん私の母親と現奥様は直接会いませんが。
私も姉も、父と異母妹を結婚式にも呼びました。父親にはきちんと父親の席についてもらいました。(これもたぶん少数派)
現奥様は立場上呼べませんでしたが、写真をみて泣いて祝福してくれました。

と、ものすごく珍しいパターンな環境で育ちました。

しかししかし、母親の独裁主義で育った私は、夫婦の在り方というものがわかりません。
頭で理解していても、いざ結婚をしてみると、戸惑ってばかりなのです。
結婚してから5年たち、ようやく「お互い譲り合う」という感覚がわかってきました。
親ばなれできないというのも事実です。
母親1人の考えで育っているので、その考えがいまでも絶対なんです。
母親に相談し、「いいんじゃない」と言われないと決断できない。
情けないけど、どうしても抜け出せないんです。
結婚した後も、ずっとです。転職する時や、家を買う時まで、全部母の反応を見てから。
うちは主人が優しすぎるので持っていますが、離婚した家庭の子供が離婚しやすいデータは頷けます。

でも、両親の離婚について恨んだりしたことは一度もありません。
両親と、父親の現在の奥様には、本当に感謝しています。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜5件/7件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

acr********さん

2011/4/1920:46:49

あります。
絶対、あります。

私の場合(母子家庭の娘)ですが、男性不信や自信喪失、自分より母を優先する傾向、母は母で子ばなれできず…、もうメチャクチャです。自業自得も含めて。
とは言うものの、完全に終わってる夫婦が無理に一緒に暮らすのもどうかと思います。結局、離婚うんぬんではなく、夫婦仲が良いか悪いかで決まる気がします。離婚した後も父、又は母のサポートがあれば悪い影響は最小限に抑えられるでしょう。中々難しいですが…

また離婚は必ずしも悪い影響を与えるものでは無いと思います。中には特殊な感性を持った大人になり、成功する人間もいます。苦労した分、ユーモアがある人が多いです。それは貧乏であることも大いに関係していると思います。母子家庭は貧乏ですから…。

まあ、私は完全に失敗作でした…(父は私がまだ小さい頃家を出たきり。子供なんか知らんと言い放ちましたよ)。兄は完全に実家を見捨て楽しくやっています。それが正解なんでしょうね。

sak********さん

2011/4/1910:56:20

心理学的に。
離婚した家庭で育った子供は、離婚しやすいというデータがあります。
特別、性格が歪んで育ったというわけではないです。

ただ、両親そろった家庭で育つと、自然に男女のあり方、
会話、喧嘩と仲直り、意見が合わない時に譲り合う姿など
父親と母親の交流や会話から、無意識に学び取ることが多いです。

それを経験せず育ってしまうと、他人と家庭を築こうとした時に
色々な食い違いなどに直面した際、相手と構築するのが
やや不器用というか上手くなかったりします。
交際している分には問題ないのですが、家庭を築くとなると
途端に色々な問題が表面化します。

片親の家庭で育つと、母親もしくは父親の方針で
家庭が回ります。つまり単独意見しか家庭内に起こらず、
意見と意見がぶつかったり、どちらかが折れたりする場面がありません。
それはとてもスムーズで円満な家庭ともみられますが、
子供はそこで夫婦の在り方や構築法を学ぶ機会がなかったので
自分が家庭を持った時に、他人と足並を揃えていくことが、
いまいちよく解らない傾向にあります。
結果、上手くいきにくく離婚に至る数値が高いのです。

親が離婚した家庭でも、祖父母と同居だったり
大人が2人以上いる環境で育つと、意見のぶつかり合いや
話し合いの場面を見て育つので、離婚する確率は少し下がります。

また、両親揃っているご家庭でも、その両親が仮面夫婦だったり
どちらかが家庭を顧みなかったり、モラハラやDV気味だったりと
あまり子供にとって良くない環境の場合。
この場合、子供が自分自身の存在意義を見失いやすく、
むしろこちらのほうが性格形成に影響を起こしやすいです。

離婚を経験すると、やはり淋しい思いや不便な思いをするので
辛い経験が必要以上にしっかりした甘えられない子になったり
両親が揃っていても不和家庭だと卑屈で自信のない子になったりと、
子供にとっては、どちらも傾向に違いはありますが悲しい結果を
生じやすいです。

やはり夫婦が機軸で、しっかりと円満な家庭を築くことが
子供にとって最良だと思います。
劣悪な夫婦関係を見せ続けることよりは離婚されたほうが
良いケースも多いですが、苦渋の決断という感じで
出来るだけ離婚は最終手段として考えるようにして、
安易に離婚することは避けていただきたいなと思います。

kim********さん

2011/4/1910:43:59

あるでしょうね。
ただ、離婚せず 不幸な家庭内で育つより は、いい影響だと思いますよ。

nin********さん

2011/4/1910:39:55

少なからず影響はあるでしょうが
一人の人間が親の離婚を経験するorしないの両方を体験する事は出来ないので
その影響がどういう形で現れるかは分かりません。
ですから、それを理由に離婚のするorしないを決定するのはナンセンスでしょう。
離婚後の生活環境も大きな問題ですが
離婚に至るまでの家庭環境の悪化が大きな問題でしょうから
両親の仲が悪いまま荒んだ家庭を維持するよりも
離婚して心の安定を図る方が良いという考えもあると思います。

poo********さん

2011/4/1910:12:52

たくましく育ちますよ。自立心もつきます。夫婦仲に問題があるような家庭ならば離婚したほうが子供のためにはいいです。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる