ここから本文です

「やらない善よりやる偽善」が詭弁だとどう説明しよう?

wakan_jpさん

2011/4/2913:38:29

「やらない善よりやる偽善」が詭弁だとどう説明しよう?

他のところで「やらない善よりやる偽善」という言葉の起源をたずねていました。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1161041191
僕も起源に興味アリです。

この言葉って、むしろ偽善者が自分の行為を正当化するために使われることが多いようです。
例えば、ホワイトバンド運動を推進してだます活動をしていた人たちは、よくこの言葉を使いました。今も、耳の聞こえない人たちに最初っから音楽を伝えるつもりが無い、手話歌をやってる人たちがよくこの言葉を使います。

起源の一つとされてる「鋼の錬金術師」では、違う文脈で使われており、本当は偽善を勧めるような内容ではないとのこと。

この言葉は言葉のあいまいさにつけ込んだ詭弁術だというのは、わかる人にはすぐわかると思います。
問題は……わからない人には、どうやって詭弁だということを理解させられるか、なんです。

うまい説明法を、お願いします。

補足善悪の形而上学に立ち入るつもりはありません。話題をわざとそらさないで下さい。
こちらで言う「偽善」は、「人のためになっているように見えるが、本当は人の役に立ってない、むしろ害をもたらす行為を、承知の上で自分の利益のためにわざとおこなうもの」と考えて下さい。
この程度のことは、質問の中の例示で理解できるはずです。

閲覧数:
2,179
回答数:
4

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

sengoku386さん

2011/5/408:38:39

自分も「やらない善よりやる偽善」は、大衆を扇動して動かそうとする
工作員が仕掛けている詭弁だと思います。

wakan_jpさんのMy知恵袋、過去の質問回答から、偽善を仕掛ける工作員の
存在に気づかれているのだとわかりました。
自分は彼らのことを「工作員」と呼んでますが、wakan_jpさんは「偽善者」
と呼んでいるようですね。おそらく実体は同じものだと思います。

この東日本大震災で、新たな工作を仕掛ける可能性が大です。
その前に、「やらない善よりやる偽善」は詭弁であることを明らかにして
少しでも工作員の汚い手口を減らしたい、という意図だと察します。

自分もこの点を危惧していましたし、良い回答を思いつきましたので、
回答することにします。


おっしゃるとおり、「やらない善よりやる偽善」は、言葉の曖昧さにつけ
込んだ詭弁術です。
「詭弁論理学」という本があります。
「やらない善よりやる偽善」は、「詭弁論理学」に書かれている詭弁の手口
の好サンプルと言っていいでしょう。

でも、真正面から論理ずくで詭弁だということをきちんと説明しても、理解
できる人は少ないでしょう。大衆は、難しい話が苦手なのです。
ですから、大衆でもハッと気づきなるほどと納得させる工夫が要ります。

「やらない善」と「やる偽善」の前に入るべき単語が、故意に省かれている。
この省かれた単語を補ってやればいい。この単語として、工作員がねらって
いる目的を的確に示したものを入れるとなお良い。

例を挙げます。
○ホワイトバンド
「募金詐欺」をやらない善より「募金詐欺」をやる偽善
○手話歌
「聴覚障害者をのけものにする手話歌」をやらない善より
「聴覚障害者をのけものにする手話歌」をやる偽善

いかがでしょうか。
これなら、工作員がやろうとしていることが偽善であること、
「やらない善よりやる偽善」が大衆を扇動するための詭弁であることが、
一目瞭然になると思います。

なお、工作員はまっとうな人間ではありません。
犯罪行為すれすれのことを平気でしてきます。
この回答は、工作員にとっては非常に不味い内容です。
報復してくる可能性が大です。
ですから、wakan_jpさんもお気をつけてください。
もうわかっているでしょうけど。すでにウィルス付き迷惑メール攻撃を
受けているようですし。

自分も、これを書いたらIDを削除するつもりです。

質問した人からのコメント

2011/5/4 08:46:11

すばらしい回答をいただき、ありがとうございます!
この回答なら、多くの人に納得してもらえそうです。

おっしゃるとおり、嫌がらせ行為を受けています。でも頑張ります。

ベストアンサー以外の回答

1〜3件/3件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

2011/4/3012:18:59

形や行動になって現れていないものが、真の善だとしても判断のしようもない。
表面に現れていれば、善か偽善か議論も出来るし、偽善なら偽の部分を検証して修正すれば良い。
思っているだけなら、なんとでも言って善にできるけど、現実にはなんの効力もない。
実際にやってみたら、偽善だったということもあるでしょう。
善・偽善の問題ではなく、「やる・やらない」のほうにまず焦点があるのだと思います。

そもそも偽善をしようと思ってやる人はあまりいないと思います。
ホワイトバンドが詐欺集団だったのかは良くわかりませんが。
結果的に偽善になるんですよ。行動したから、白黒つくわけです。
だから偽善者の方からしてみれば、気持ちの段階ではキラキラ「善」だったけど、やったら「偽善」だった、という思いがあると思うんですよね。
やらなければ偽善にはならなかたわけですが、それはそれで「ことなかれ主義」になってしまう。
何もしてないのに、脇からぎゃーぎゃー言う人が「事なかれ主義者」に見えるのではないかな。
彼らの中で「偽善者」vs「ことなかれ主義」という対立構造になっちゃってるんですよね。

阪神大震災のときに、気持ちだけで被災地入りして、結局何も出来ず、残り少ないコンビにの食料を食べちゃってかえって迷惑だったという話がありました。そのときもこの言葉が言われたみたいなんですよね。
まあ、迷惑だったのですが。ただ、この偽善は今回の東日本大震災では大分反省されて生かされたと思います。
かれらの受けた批判は無駄ではなかったのではないでしょうか?
気持ちがあって、行動があって、失敗があって、改善され、そしてようやく少しの「善」にたどり着く。
そういうものだと思います。

「やった偽善を改善しよう」とでもいえばいいんじゃないかな?結果はともかく「やった」事は認めてあげれば、素直になると思いますよ。
ちなみに私は「ことなかれ主義」は大嫌いです。やる「偽善者」の方が好きですね。だって、彼らを批判して、それで改善してくれれば、一つの善行に参加できるんですから。

耳の聞こえない人には「音」が聞こえないのですから、そういう人にとって「音楽」というのは聞こえる人間と根本的に違うもの。というか、音楽とはなんぞやという領域まで行ってしまいますよね。
何をもって「最初から音楽を伝えるつもりがない」というのか良くわからないのですが、世の中には音楽が満ちあふれていて、難聴者も「音楽ってものを楽しんでみたい」と思う方も多いでしょう。
結局、難聴者の方が満足できればそれでいいと思うのですが、出来ていなければ「偽善」、出来ていれば音楽を伝える気がなくても「善」になるのでは?
状況がわからないので、何とも言えませんが、本気で音楽を伝えようとする事がかえって迷惑で、楽しくやってるんだからいいじゃん。って場合もありますよね。
貴方が偽善と思っていても、当事者達はそれで満足していれば、逆に貴方が偽善者になってるってこともありえますよ。
個々のシチュエーションをしっかり見なければならず、難しい事です。

少なくとも、貴方のこの質問は、「自分の正しさ」を主張したいだけの「偽善」行為に見えます。
私にはね。

ところが、こうした「きれいごと」を非難する声の中には、実質的な悪への関心が見られない事も稀ではない。人に先駆けて行う事を臆するあまり、結局は何も出来ないでいる者たちが、目立った行いをする者を「偽善者」だと嘲笑する(似非ニヒリズム)。(ウィキペディア 偽善の項)

camury35さん

編集あり2011/4/2922:59:15

この言葉自体には、何の意味も無いという事を言えば済む事ではないでしょうか。善と偽善という言葉をカットしてしまえばよいと思います。「やらないよりやる方がいい」と省略すれば解り易くなると思います。そこで何をやり、どんな効果があるのかと云う肝心な内容が全く入っていない事が判ると思います。例えるなら、プレゼントの包装紙を議題にしている様なものです。余談ですが、プレゼントが気に入るか気に入らないかは受け取り側にしか判りません。

eagerryuさん

編集あり2011/4/2918:17:21

そもそもの話、一概に詭弁とは言い難いと思われます。

詭弁であると主張する根拠の一つに、「偽善者」がその言葉を口にしているから、とおっしゃいますが、
これは「善」、「悪」に関する非常に難しい問題です。
実際、紀元前から多くの議論がなされてきました。

自分の中の悪を自覚して、自ら「偽善者」と名乗る場合もあります。
有名なところで、ジョン・レノンがいます。
彼は、世に言う慈善行為を多く行ってきました(ラブ&ピース運動など)。
ですが、彼は自分自信が「偽善者」であると言います。
ここからはあくまで私の推測になりますが、
ラブ&ピース運動を行っているときの彼は、本当に心の底から世界が平和になって欲しいと望んでいたのでしょう。
しかし、一方で彼はお金を儲けたい自分を知っています。
事実、長らくニューヨークの一等地で贅沢に暮らしていました。
つまり、心から他(人)のために行動していると同時に、自分の中に潜みうる悪を自覚しているのです。
そして、その苦しみから少しでも解放されるために、自分の口から「偽善者」であると言うのだと思います。


また、他人から「偽善者」であると指をさされる場合もあります。
この時は、表面上(行為)は「善」と感じられるものだが、心のなか(動機)は「悪」であると思われる、
ということを根拠にして言われることも多いです。
また、その行為が良い結果を生まなかった場合に言われる場合も同様に多いでしょう。
しかし、そもそも人の心のうちなどというものは簡単に分かるものではないので、
私たちは、「行為者」にばかりに目を向けるのではなくて、
「~は偽善だ。」と発言する人(「発言者」)にもしっかりと目を向けるべきだと思います。
そうすることで、「発言者」の単なる猜疑心からくるものなのかとか、
明確な根拠があるものなのかとかを、せめて推し量ることは出来ます。


そして、「やらない善よりやる偽善」が詭弁であると説明すること自体が、
詭弁であると思われる場合も往々にしてあるのです。
このように堂々巡りになる可能性を多く含んでいるということは、
「善」、「悪」に関する議論の難しさを示しています。


このような問題に興味がおありでしたら
プラトンやルソーなどの多くの古典を読まれることをお勧めします。



質問に対する答えにはなっていないと感じられるようでしたら、
申し訳ありません。

以上です。


-----------------------------補足--------------------------

そらしたつもりはなかったのですが、そうとられてしまったのならすいません。

質問者さんの指摘がひどく一辺倒に感じられたので、
根本的なところから話をしましたが、その必要はないようですね。
申し訳ありませんでした。

私の立場からですと、どうも明確な回答を出す自信がないので、
そこは他の回答者さんがつくことを願います。

ですが、もしも他の人を説得したいのであれば、
この場であなたが行っている一連の話をすれば良いと思われます。
あとは、その場の流れで論を組み立てていけばよろしいと思います。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問や知恵ノートは選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。