ここから本文です

皮膚がんは10~20代でもなったりするものなのでしょうか?

pep********さん

2011/4/2917:25:22

皮膚がんは10~20代でもなったりするものなのでしょうか?

皮膚がんは10~20代でもなったりするものなのでしょうか?
また、わかいうちにあるがんとして、最も多いがんはなんでしょうか、気になったので質問しました。
ご回答お願いいたします。

閲覧数:
20,037
回答数:
2
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

pap********さん

2011/4/2919:39:26

しょうにきゅうせいはっけつびょう
小児急性白血病

小児急性白血病はどんな病気か

白血病は血液のがんです。小児の白血病は、小児期悪性腫瘍の3分の1を占める小児がんの代表的な病気で、そのうち95%が急性白血病です。慢性白血病と骨髄異形性(こつずいいけいせい)症候群は、併せても5%にすぎません。
急性白血病のうち、4分の3が急性リンパ性白血病(ALL)で、4分の1が急性骨髄性(こつずいせい)白血病(AML)です。両者に分類されない混合型や分類不能型の白血病も数%あります。
急性リンパ性白血病は2~6歳に好発しますが、急性骨髄性白血病では年齢のかたよりはありません。

原因は何か

大量の放射線被曝(ひばく)や、ごく一部にウイルス感染が原因となりますが、多くの場合、原因は特定できません。しかし、白血病もほかのがんと同様に、遺伝子の傷が重なって発症することがわかっています。たとえば、乳幼児期の急性リンパ性白血病の多くは、白血病の発症に関わる遺伝子異常が胎児期に起こることがわかっています。乳児期の急性リンパ性白血病は胎児期に白血病化しますが、幼児期の急性リンパ性白血病は、さらに生後に第2の遺伝子異常が加わって白血病になると考えられています。

症状の現れ方

発熱、顔色不良、出血傾向(紫斑(しはん)、鼻出血(びしゅっけつ)など)など、正常の造血能力が損なわれるために起こる症状が主です。その他、骨痛、関節痛、リンパ節腫大など白血病細胞の増殖による症状もしばしば認めます。

皮膚がんは10~20代でもなったりするものです。

皮膚がんの早期発見と治療
◎ メラノーマ(悪性黒色腫)
いわゆる「ほくろのがん」です。皮膚がんの中では最も悪性度が高く、
早期に診断治療をしないと命に関わる恐ろしいがんです。「最近ほくろが
大きくなってきた。」「足の裏のほくろが気になる。」などの心当たり
がある方は早めに受診してください。当院では視診で疑わしいときは
場合によっては皮膚生検をして確定診断をしています。。
ほくろの癌(メラノーマ)
足裏のほくろは要注意
◎ 有棘細胞癌、ボーエン病、基底細胞癌など
いわゆる老人性疣贅などとよく似た外観です。顔、手足など露光部位に
比較的多いです。一般に悪性度は低いですが通常は手術が必要です。
手術できないときは放射線や塗り薬などで治療する場合もあります。
ボーエン癌(湿疹と見間違えやすい)
◎ ページェット病
陰部、股部位に多い皮膚がんです。臨床的に湿疹との鑑別が非常に困難です。
湿疹の診断で長期に放置されている場合もあるので、陰股部に治らない湿疹が
ある方は一度、受診してください。必要に応じて皮膚検査(生検)いたします。
http://www17.plala.or.jp/hizawahifuka/gan.html

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

syn********さん

編集あり2011/4/2922:00:48

病名とその解説を色々なネット上のサイトからコピーして列挙しているのみでややわかりにくいかもしれないので、一応例ではなく内容の方を。ざっくりなので細かい部分に関しては荒いかもしれませんが・・・


癌細胞というのはいわば普段から行われている細胞の分裂や増殖の中でできてしまった異常細胞のことです。プログラムミスでできた細胞のようなものですね。癌細胞は分裂や増殖のリミッターができた時から壊れているようなものですね。限度を無視して無制限に増殖を繰り返してしまうので自分の細胞なのに命に関わりますね、自分の細胞なのに増えすぎることで自分を危うくしてしまいます。また、もちろんそういうリミッターが壊れているだけで生きた細胞ですので邪魔者扱いされたり消されそうになると逃げ延びようともします。そうして転移をしていきますね。


若くても年をとっていてもある程度はこういう細胞は生まれています。ですが、いてもナチュラルキラー細胞という、そういう異常を抱えた細胞やウイルス感染をしている細胞などの異常細胞のみを攻撃する細胞ですね、若いうちはこれが活発に働いていますし、おそらくプログラムミス自体も少ないでしょうからなかなかなりにくいですが、やはり年齢を重ねるごとに癌のリスクというのはある程度増えていきますね。

逆に言えば若いからと言って元の要素がないわけではありませんので場合によっては若くしてなることはあるかもしれませんね。若いほどもちろん稀というくらいに少なくなるでしょうが、10代や20代だからといって癌細胞ができないわけではないのでありえないことはないものですよ。



癌自体はこういうものですが、今のところ確認されている中でウイルス感染によりこの悪性化を促されるという関連がわかっている物として唯一子宮頸癌があります。HPV(ヒトパピローマウイルス)という100種以上確認されているウイルスの中の一部、この悪性化を促すリスクが高い型に長期持続感染(およそ数年から十数年程度とされる)することで細胞の異常を促され、その異常が癌化のリスクを高めるとされますね。今のところは若いうちと絞るのであれば癌でもっとも多いのは、女性のみにしかない部位のこととはいえ外的に促される要因がはっきりしていて確認までされている子宮頸癌になるのではないでしょうか。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる