ここから本文です

本能寺の変がなければ森蘭丸は本多正純、石田三成のようになっていましたか。

hat********さん

2011/4/3011:51:40

本能寺の変がなければ森蘭丸は本多正純、石田三成のようになっていましたか。

森家の家督は兄が継いでいますが、蘭丸(成利)は信長のお気に入りでいつも近くにいます。

本家を相続出来ない以上は信長の近習になると思われますけど、その場合は石田三成のような煩方になったり、本多正純のように謀臣になったのでしょうか。

閲覧数:
1,025
回答数:
3
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fuj********さん

編集あり2011/5/110:28:43

通称「森蘭丸」、史料上は「森成利、通称は乱」は、信長の武将であった森可成の子で、数え18歳で、美濃国金山城を領する、兄の長可とは独立した「大名」となっておりました。成利が6万石の領地を持っていたと推定する説もあります。

森家は、成利の父である可成が討死した後、成利の兄である森武蔵守長可 (長久手の合戦で討ち死に) が継いでおりました。
成利は、織田家の武将として大名になっている兄の長可とは別枠で、信長から領地を拝領して大名に取り立てられた訳です。
詳しく調べた訳ではないですが、織田信長の家臣で大名クラスの者の子や弟が、別枠で大名に取り立てられたというのは、森成利しか例がないと思われ、非常な厚遇と言えます。

本能寺の変が起きず、信長→信忠とスムーズに政権委譲が行われていれば (実際、その流れが進んでいました)、森成利は、同じような年齢・立場で、本能寺の変の後に織田家臣から羽柴家臣に転じて、有能ぶりを謳われ、厚遇を受けた

蒲生氏郷
掘秀政

と並ぶかそれ以上の出世を遂げ、今日、「森蘭丸」ではなく「森成利」という高名な武将として歴史に名を残していたでしょう。

信長が、成利を金山城主としていたのは、軍を率い、領地を治める「大名」として成利を取り立てる意志を有していたことを示します。質問者さんは
『石田三成のような煩方になったり、本多正純のように謀臣になったのでしょうか』
とお考えのようですが、成利は、普通の「武将」として出世していったと思われます。

なお、信長は、いくら有能な吏僚であっても、軍を率いて領地を治める能力を有しない者には、城地を与えたりはしておりません。
城と領地は、兵を養うためのものであり、「俸給」ではないからです。

信長の「吏僚」については、下記の質問への私の回答の後半で説明していますのでご覧下さい。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1160553686

=======

戦国大名が、家臣の次男以下で能力のある者を取り立てる場合は、その者に別な家を継がせる(名義だけで良い)、と言った方法が取られました。

例えば、森成利と織田信長の関係 (近臣として仕える若き俊才と、死ぬ直前の大名。決して「信長の衆道の相手であった」という意味ではありません) は、若き日の真田昌幸と武田信玄の関係と良く似ています。

真田昌幸は、信玄の大名クラスの武将である真田幸隆の三男です。真田幸隆の跡目は、嫡男である真田信綱が継いでおりましたので、信玄は、昌幸を、「武藤家」を継がせて「武藤喜兵衛」と名乗らせ、真田信綱とは別枠に知行を与えておりました。

徳川家康が、嫡男である信康、 信康の廃嫡・切腹以降に嫡男となった秀忠以外は、晩年に生まれた三人の子 (尾張家・紀伊家・水戸家の御三家を興す) を除き、全て「他の家の養子」としております。

結城秀康 (下総・結城を古くから領する、関東の名家である結城家を継ぐ)
武田信吉 (武田家を継いだ穴山信君の子孫が絶えた後、武田家を継ぐ)
松平忠吉 (東條松平家を継ぐ)
松平忠輝 (長沢松平家を継ぐ)

などです。

「森成利が、兄の森長可とは別枠で、森という苗字のままで領地を賜り、大名となる」

というのが、どのくらいの厚遇であったかお分かり頂けるでしょうか。

=======

なお、森成利については、

信長の親衛隊―戦国覇者の多彩な人材 (中公新書)
谷口 克広 (著)
http://www.amazon.co.jp/dp/4121014537/

に詳しいです。

個人的な疑問としては、数え18歳と元服の年をとっくに過ぎ、「成利」という諱を持ち、美濃金山城主の地位にあったのに、何故
「乱 (確実な史料には、『蘭』とか『蘭丸』という表記はない)」 という、幼名のような通称を使い続けたのか?と考えています。

元服と同時に「忠三郎」とか「仁右衛門」とか「三郎兵衛」などといった侍らしい通称を名乗り、署名する時以外は、人から呼ばれる場合も、自分で名乗る場合も通称を使う例であったのに、「森 乱 成利」という通称と諱の組み合わせはどう考えても不自然です。

こうした例も、森成利くらいではないでしょうか。

質問した人からのコメント

2011/5/3 00:45:52

降参 なるほど、納得です。一大名として高名になっていた可能性がありますね。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

old********さん

2011/4/3013:22:13

森家は武闘派ですから。蘭丸、坊丸、力丸

前田利家のような一国一城の主になれたかもしれませんが?

coo********さん

2011/4/3013:19:38

森蘭丸は石田三成のような切れ者でもなさそうなので(ファンの方すみません)重臣ではあるけれどもその他大勢になってしまうのではないでしょうか。

それよりも織田信長が天下を取っていたら柴田勝家が最強の武人として語られていたのではないでしょうか。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる