ここから本文です

このたび原発反対派になられた方へ。

msa********さん

2011/5/118:47:11

このたび原発反対派になられた方へ。

いうまでもなく,原発は潜在的に大きな事故のリスクを孕んでいますが,そのリスクは人類の知恵・工夫により無視できるほど小さくできると信じられてきました。しかし,この度の事故により,一気に反対派が勢力を広げ,傍若無人というか,根も葉もない
ことをでっち上げ,言いたい放題でありますが,昔から反対論者の私さえ,日本はこの先,これで良いのかと心配になります。

そこでもう一度冷静に考えていただきたいのですが,事故がなぜ起こったのか,それは防げなかったのかということです。
多くの方がお気づきですが,大きな被害が起きたのは1F1~4号機であり,1F5・6 2F,女川はどうにか大事故にならずに済んでいます。これは,レイアウトや据付レベルの差であるといわれています。新旧の差であると言う意見もありますが,どこがどうちがうなどの具体的指摘はほとんどありません。結論急ぎますが,結局地震や津波については,十分な対策をすれば,設備的には対策が十分にできる,と私は考えています。

ただ,国や東電をはじめとする原発関係者が予期された危険を排除する努力をしなかった。リスクアセスメントやリスクマネジメントをしなかった。原子力の品質保証もしなかった。それが大事故を引き起こした。つまり「自然災害」ではなく「人災」なので撤退は仕方がないと私は考えています。

最近の風潮として,自分流の「そもそも論」や「石油資源枯渇」,「環境問題」だけで,原発撤退と決め付けるのはいかがなものでしょうか。私は今の原発も,誰かが仕掛けた「石油資源枯渇」や「環境問題」により,導入・推進させられたものと考えており,このまま原発撤退すれば,再び過ちを繰り返すだけだと思ってしまうのです。

ことに,わが国が原発を平和目的に利用できるということは意義が大きく,世界に対して日本人の平和主義,信頼性,技術的優秀性など示すものであって,これで原発撤退すれば,日本の国際的地位・競争力は著しく低下すると思うのです。そこらも覚悟の上で原発撤退論をすべきと思うのです。

どうか冷静に考えていただきたいと思います。

閲覧数:
286
回答数:
1

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wdo********さん

2011/5/118:58:32

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」

この度、私は初めて情報を仕入れ、初めて危険性を認識した、反対派です。
上記の言葉どおり、私は事が起こり経験に学びました。
今後は歴史に学びたいと思います。
そこで、やはりどこまで行っても、原発は不要という認識をしました。

原発がなければ競争力がなくなるとはおかしいと思います。
原子力に関する競争はできなくても、原子力以外の面で電力・技術を学べばいいのではないでしょうか?
仕事はそこに1つしか仕事があるわけではなく、他にも仕事があります。
算数の答えは1つの答えにたどり着くまでに、いくつもの式が存在します。
だから競争力=原発ではなく、競争力は他で探すべきだと思います。

もしこのまま原発が世界的に問題になれば、早くやめて、早く新しい電力に取り組んだもの勝ちです。

質問した人からのコメント

2011/5/1 19:34:13

降参 長文読んでいただきありがとうございました。ただ,競争力というのは,世界のエネルギー市場における日本の主張と言う意味です。私はOPECの石油と同様,ロシアとのLNG取引においても足元を見られるのは必至と思います。露骨過ぎました。

あわせて知りたい

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる