ここから本文です

倉庫の屋根(折版)の補修を考えています。経年劣化による防水対策として、どの程...

ban********さん

2011/5/601:19:17

倉庫の屋根(折版)の補修を考えています。経年劣化による防水対策として、どの程度まで必要なのか教えていただきたく思います。

倉庫が折版屋根なのですが築20年経過しており、業者から補修をすすめられています。
現状、
①折版をとめているボルトが完全にさびており、サビが涙を流しているように周辺の鋼板も一部錆びている
②チョーキング現象が発生している

質問ですが(素人ですみません。)
①このまま放っておくと鉄板を貫いて雨漏りしてしまうんでしょうか。サビるってことは鋼板が薄くなっていってるってことでしょうか
②ボルト部分だけ、ボルトキャップなるものをかぶせただけでも効果ありますか?その場合やはりボルトのサビをおとしてから被せるんでしょうか?
③業者からは折版の全面塗装をすすめられていますが、サビている部分だけではだめなんでしょうか。ボルトとその周辺の涙になっている部分だけ塗装してもらおうとかんがえているんですが。チョーキングって現象も鋼板がうすくなっているってことですか。

以上、よろしくお願いします。

閲覧数:
2,567
回答数:
3
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

rog********さん

2011/5/606:22:10

20年経過というと屋根板は色がかなり薄く、屋根板その物は薄くなっているような事はないです。
ただ、板を留めるボルトナットはかなり錆が進んでいると思われます。
鉄にメッキ仕上げになっている為、錆が始まるとネジ山が崩れナットを外すことが困難になります。
多分現状はそれに近いと思われます。
張替までは必要ないでしょうが、ボルトの部分は錆を落としてペンキを塗るか、それに合うキャップがあればかぶせればよいでしょう。
こういった場合殆どが、腐蝕するまでそのままで、どうにもならなく雨漏れに近い状態まで使用し、その後に全面交換が賢明です。
塗装などといっても屋根などは見えない為、値段は当たり前で本式な塗装をする業者も少なく、この屋根の場合かなりの㎡になります。
自分でさび落とし塗装をする場合の注意点は、屋根に上がる際は、トタン板の縦の継ぎ目には絶対のらない事です。
トタン板の真ん中や梁に近い処に乗らないと板が折れ、転落する恐れがあります。

ただ、チョーキング現象が現れているとの事ですが、外壁などでは稀に見かけますが、フラットに近い屋根で、常に雨に洗われているのでこの現象が出るとも思われませんね。

質問した人からのコメント

2011/5/10 01:29:54

感謝 皆さん、回答ありがとうございました。一部は自分でできそうなのでチャレンジしてみようと思います。ベストアンサーは迷いましたが、roguhousuさんにさせていただきました。(ログハウスに一度住んでみたいです(@@)。 回答いただいた皆さんありがとうございました。

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

mas********さん

2011/5/610:09:56

屋根補修というより 葺き替えを検討すべきです。
長期間メンテせず錆びている上に塗装しても根本的解決にはなりません。

bkf********さん

2011/5/606:44:05

とりあえずボルトの錆びを落としてボルトだけ錆止めするのは少しは有効です、キャップは最初かでないと逆効果です。
鉄板に亜鉛メッキしてその亜鉛部分が酸化して白い錆が出ます、この亜鉛成分がある間はそれ以上には進みません、まして折半そのものは塗装などは必要ないでしょう。
穴が開き始めれば全面張り替えが適当です。

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる