ここから本文です

石炭と天然ガスによる火力発電が主で、石油による発電はほとんど無くて二酸化炭素...

sin********さん

2011/5/918:38:50

石炭と天然ガスによる火力発電が主で、石油による発電はほとんど無くて二酸化炭素も出さず温暖化も嘘のようです。
では、何故、火力発電から原発に移行していったのですか?
各電力会社の利益のためだけに原発発電しているのですか?

閲覧数:
150
回答数:
2

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

jaj********さん

2011/5/918:48:43

技術的なコストメリットだけを考えると石炭火力が一番安いはず。なぜ原発のコストが安くなってしまうかというと補助金ですよ。

原発に絡んだ利権構造、確かにあります。しかし利権構造が生まれ、補助金を付けてでも建設した背景には、エネルギー安全保障上頻繁に資源を輸入しなくても良い原子力発電は非産油国である日本では実現するしかなかった技術だったから、という理由も建設当時としては当然でしょう。オイルショックもあったし、国内炭だけでは賄えないし(多分)。

加えてかつては国家自主独立の手段として核武装しか考えられなかった。NPTや国内世論(輿論ではなく)により現実の核武装が出来ない日本国としては核取扱技術を磨き原料を大量保持する理由として原発しか選択肢がなかった。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

hir********さん

2011/5/918:41:12

利益の為、そしてリスク分散と認識しています。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる