ここから本文です

賃借権設定の登記において譲渡又は転貸を許す旨の特約が登記されていない場合であ...

kat********さん

2011/5/2507:14:35

賃借権設定の登記において譲渡又は転貸を許す旨の特約が登記されていない場合であっても、

賃貸人が署名及び押印をした申請書を提出して、賃借権の移転又は転貸の登記の申請をすることができるのか。

誰かご教示いただけましたら幸いです。

閲覧数:
1,651
回答数:
3

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

wed********さん

2011/5/2523:36:17

申請書に賃貸人の印鑑は押しません。

添付書類として賃貸人の承諾書(印鑑証明書)または譲渡転貸の契約書で賃貸人の署名・捺印したものを添付します。(印鑑証明書つき)

それを添付できるのでしたら登記申請できます。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜2件/2件中

並び替え:回答日時の
新しい順
|古い順

ang********さん

2011/5/3018:31:58

登記原因について第三者の許可、同意、承諾を要するときは、それを証する書面を添付しなければなりません。第三者が申請書に署名、捺印したときは、承諾書等の添付は要しません(旧不動産登記法45条)。
新制度に移行した後、この取扱いは変更されたのでしょうか?

xxx********さん

2011/5/2519:42:00

可能です・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる