ここから本文です

古めのマンガの話です。高橋留美子先生のうる星やつらのラムちゃんと、車田正美先...

mir********さん

2011/5/2600:38:06

古めのマンガの話です。高橋留美子先生のうる星やつらのラムちゃんと、車田正美先生のリングにかけろの菊姉の方言がよく似ている気がするのですが、 ラムちゃんは宇宙人ですが、高橋先生はラムちゃん語を山口弁からヒントを得て作られたのでしょうか?たしか高嶺姉弟は山口出身の設定だとマンガに明記されていたと記憶しておりますので…。

閲覧数:
421
回答数:
1
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

cyu********さん

2011/5/2600:59:02

ラムちゃんの話す言葉「うち」などの言葉は幾多の方言にありどれかわからず、高橋先生からしたら基本、人工言語だそうです。

しかし「~だっちゃ」と言う語彙は、井上ひさしという方の小説で「~だっちゃ」などの仙台弁が度々出てきており、それをヒントに高橋先生が自身の作品「勝手なやつら」に出てくるだっぴゃ星人の語彙「~だっぴゃ」を可愛らしく「~だっちゃ」にしたそうです。

ただし、実際の仙台弁とは多少使い方やイントネーションは違うようです。

質問した人からのコメント

2011/6/1 08:31:13

ありがとうございました。

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる