ここから本文です

原価計算の問題を教えて下さい。 会計期末にあたり、材料消費価格差異勘定の残...

akb********さん

2011/5/2622:46:39

原価計算の問題を教えて下さい。

会計期末にあたり、材料消費価格差異勘定の残高を売上原価勘定に振り替えた。 なお、材料消費価格差異勘定の前月繰越高は¥35,000(借方)であり、当月の素材の実際消費高は予定消費高より¥17,000少なかった。

閲覧数:
447
回答数:
1
お礼:
25枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

ken********さん

2011/5/2805:34:16

(借)材 料 17,000 / (貸)材料消費価格差異 35,000
(貸)売上原価 18,000

材料消費数量差異の前月繰越高が借方残高ですから不利差異です。
これに対し、当月の消費数量で17,000円の有利差異(予定数量よりも少ない数量だった)が発生しているので、両者を相殺して仕訳します。

仮に相殺しないでそれぞれの仕訳を示すと、
(借)売上原価 35,000 / (貸)材料消費価格差異 35,000

(借)材料 17,000 / (貸)材料消費数量差異 17,000
(借)材料消費数量差異 17,000 / (借)売上原価 17,000
となります。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる