ここから本文です

輪中についての質問です。

茉以さん

2011/5/2722:03:10

輪中についての質問です。

輪中は人工堤防に囲まれた三角州のこと、と教わったのですが、その輪中ができる過程を教えていただけますか?

閲覧数:
1,966
回答数:
2
お礼:
50枚

違反報告

ベストアンサーに選ばれた回答

fio********さん

2011/5/2811:46:06

濃尾平野の羽島市、海部市あたりに輪中が多い理由を説明します。
濃尾平野は木曽川、長良川、揖斐川などの大河川が沈降性の盆地を埋め立てて出来た平野ですが、なぜかこれらの川は平野の西端に集まっています。
これは、濃尾平野の沈降が鈴鹿・養老山地の隆起とついになって起こっているから、基盤が西に傾く傾動をしているからです。
徐々に西に傾くため、平野の西に氾濫原と曲流する河道が広がります。東は扇状地が卓越します。
低湿な氾濫原とそこに流れる川の自然堤防と言う地形のなかで、人は自然堤防の上に居住をはじめ、堤で守りながら田畑を広げました。
こうして輪中が形成されました。

更に、もう一つ輪中地帯が形成された理由があります。
尾張名古屋は、織田家の拠点であり、続いて尾張徳川60万石の支配地でした。
その国境である木曽川堤防は、東側が西側より高く造られていました。
洪水はいつも西側で氾濫していました。
西側の村々は自分達で堤防をつくり田畑を守らねばなりませんでした。

という訳で、日本有数の輪中地帯が形成されました。

この回答は投票によってベストアンサーに選ばれました!

ベストアンサー以外の回答

1〜1件/1件中

len********さん

2011/5/2803:40:56

洪水が起こる。
洪水が起こる。
洪水が起こる。
堤防を作る。
洪水が起こる。堤防の内側が全部水没する。
内側に堤防を作る。
洪水が起こる。一部が水没する。
内側に堤防を作る。
洪水が起こる。一部が水没する。
内側に堤防を作る。
内側に堤防を作る。
こうして、堤防で囲まれた中を細かく堤防で区切ることで、堤防が決壊しても最小限の被害で済むようにしていったのです。

あわせて知りたい

この質問につけられたタグ

みんなで作る知恵袋 悩みや疑問、なんでも気軽にきいちゃおう!

Q&Aをキーワードで検索:

Yahoo! JAPANは、回答に記載された内容の信ぴょう性、正確性を保証しておりません。
お客様自身の責任と判断で、ご利用ください。
本文はここまでです このページの先頭へ

「追加する」ボタンを押してください。

閉じる

※知恵コレクションに追加された質問は選択されたID/ニックネームのMy知恵袋で確認できます。

不適切な投稿でないことを報告しました。

閉じる